レビュー

なぜ少女たちはクラッシュを深く愛したのか?

『1985年のクラッシュ・ギャルズ』 (柳澤健 著)

文: 柳澤 健 (ノンフィクション作家)

 2003年夏、文藝春秋を退社したばかりの私に原稿依頼があった。 『デラックス・プロレス』の実質的な編集長を務めていた須山浩継氏からのもので、ライオネス飛鳥の人物評伝を書いてほしいという。

 90年代前半のいわゆる団体対抗戦時代、『スポーツ・グラフィック・ナンバー』のデスクだった私は、女子プロレス特集を作ったことがあった。だから、もちろん女子プロレスには大きな関心を持っていた。しかし、80年代半ばのクラッシュ・ギャルズの時代はほとんど見ていない。クラッシュの人気が最高潮に達したのは1985年だったが、この年は御巣鷹山の日航機墜落事故、阪神タイガース優勝、夏目雅子死去、「疑惑の銃弾」の主人公三浦和義の逮捕等、数多くの大事件が起こった年であり、新米雑誌記者だった私は訳もわからないまま走り回っていたからだ。

 団体対抗戦時代の前も後も知らない私は、須山氏に数時間のレクチャーを受けた後、ライオネス飛鳥本人、母親の北村幸子さん、ジャガー横田等のレスラーに話を聞くと共に、集められる限りの資料にすべてあたって記事を書いた。

 前後編に分けて『デラプロ』に掲載された「ライオネス飛鳥、クラッシュへの帰還」は幸いにも好評だった。特に飛鳥の母親が喜んでくれたと後から聞いた。

 この記事を読んだ文藝春秋の下山進氏から「長与千種にも取材して、一冊の本にしたい」という申し出があったのは、それから何年も後のことだ。下山氏は私の処女作『1976年のアントニオ猪木』の育ての親であり、私は『kamipro』誌に「1993年の女子プロレス」という不定期連載インタビューを持っていたから、氏の言葉に異存はなかった。

1985年のクラッシュ・ギャルズ
柳澤 健・著

定価:1600円(税込) 発売日:2011年09月14日

詳しい内容はこちら