2010.02.08 文春写真館

志賀直哉の家庭マージャン

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

志賀直哉の家庭マージャン

 志賀直哉の家庭マージャンの撮影は、昭和四十年(一九六五年)。

〈勝負ごとは好きだが、あまり強くはないという。マージャンもときには深夜におよぶことがある。志賀家独特のルールがあってすぐ満貫になってしまう〉(「文藝春秋」昭和四十一年=一九六六年一月号)

 麻雀は戦前、奈良に住んでいた頃に覚えたらしく、将棋、花札とともに終生楽しんだ。康子(さだこ)夫人もマージャンが好きだったが、打つのが遅かったといわれる。何を捨てていいのか迷う康子夫人に志賀直哉は、

〈「早く。何でもいいから右の端のを切つてしまへ」

 貧乏ゆすりせんばかりの調子で急き立てた。ただし、最晩年はこれが逆になり、直哉の長考が始まつて、一局四時間もかかる家庭マージャンに、

「弱つた。こいつはどうすりやいいかね。さて、弱りました」

 と、中々判断がつかず、

「お父さま。どうぞ、お早く遊ばして」

 康子夫人に催促されてゐた〉(阿川弘之著『志賀直哉』より)

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004