2012.11.05 文春写真館

「サッちゃん」の作詞者は
人間愛を描いた芥川賞作家 阪田寛夫

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「サッちゃん」の作詞者は<br />人間愛を描いた芥川賞作家 阪田寛夫

「サッちゃん」「おなかのへるうた」「ねこふんじゃった」「誰かが口笛ふいた」といった、子供の頃に誰しも口ずさんだ歌を作詞したのが、芥川賞作家・阪田寛夫だ。

 大正十四年(一九二五年)、大阪の敬虔なキリスト教徒の両親のもとに生まれる。子供の頃から詩と音楽を愛し、土地柄から、宝塚ファンの少年であった。東京帝国大学では三浦朱門と同人誌を創刊。卒業後は放送局でラジオ番組を制作する。

 退社後、昭和五十年(一九七五年)に「土の器」で芥川賞を受賞。骨折しても教会のオルガンを弾き続けた母の闘病と死を描いた、家族愛、人間愛に満ちた小説である。同時に児童文学も数多く手がけ、同じ年に出版された「桃次郎」は、桃太郎の弟が、鬼が島の子とともに生きる道を選ぶ物語だが、劇団四季のファミリーミュージカル「桃次郎の冒険」の原作となっている。平成十七年(二〇〇五年)に七十九歳で没。翌年、阿倍野区の幼稚園に「サッちゃん」の歌碑が建立された際に招かれたのが、阪田の次女・大浦みずき(宝塚トップスター)であった。

 ちなみに、阿川弘之氏は御近所で親しくしており、その娘が「サッちゃん」のモデルだと阪田が述べた、という「伝説」がある。すなわち阿川佐和子さんだ。のちに本人は、この阿倍野の幼稚園に通っていた頃、幼馴染の女の子が転園していった思い出を書いたと語っているが、阿川さんは名前のイメージモデルではあったのかもしれない。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004