2015.07.27 文春写真館

「精力善用」「自他共栄」の精神で講道館を創設した嘉納治五郎

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「精力善用」「自他共栄」の精神で講道館を創設した嘉納治五郎

 講道館柔道の創始者であり、日本に近代的なスポーツを導入した嘉納治五郎は、万延元年(一八六〇年)、摂津国御影村(現在の兵庫県神戸市東灘区)に生まれる。生家は酒造、廻船業を営む名家だった。

 明治維新後、官立東京開成学校に進学。体が虚弱だったことから、柔術を学ぼうと考える。柔術は江戸時代に隆盛をきわめたが、明治に入り、衰退の一途をたどっていた。

 天神真楊流、起倒流などを学んだ嘉納は、東京・下谷の永昌寺に嘉納塾を開き、明治十五年(一八八二年)、本堂の一部を道場として、段位制を取り入れた講道館を開設する。講道館の精神は、「精力善用」「自他共栄」。ちなみに、「精力善用」の「善」は正邪善悪の「善」ではなく、有効的という意味である。最初の弟子九人のうちに、富田常雄の小説『姿三四郎』のモデルとなった西郷四郎がいた。

 東京大学文学部を卒業後、学習院教頭となり、明治二十年には海軍兵学校の柔道科を創設する。ヨーロッパ留学後、五高校長、東京高等師範学校の校長を務めた。また、旧制灘中学の設立にも尽力し、初代校長は、弟子の真田範衛が就任するなど、教育者としてもおおいに力を発揮した。この間、講道館は神田、麹町、本郷、大塚、小石川と移転を繰り返し、次第に隆盛を誇るようになった。

 明治四十二年、アジア初の国際オリンピック委員となる。明治四十五年、第五回ストックホルム大会にマラソンの金栗四三、三島弥彦選手を率いて団長として、日本が初めて参加した。このとき、嘉納は金栗をこう励ました。

「何事によらず先覚者たちの苦心は昔も今も変りはない。その苦心があって、やがては花の咲く未来を持つ」

 嘉納の意思を継いだ金栗は日本の長距離走者育成を願って、箱根駅伝を創設する。

 昭和十一年(一九三六年)、ベルリンでのIOC総会で、昭和十五年のオリンピックをヘルシンキと争った末、東京への招致に成功する。しかし戦火のため、返上することになり、幻に終ってしまう。

 昭和十三年、カイロでのIOC総会から帰国の途上、氷川丸の船内にて、肺炎により死去。葬儀は講道館で行われたが、会葬者は一万人を越えたという。写真は昭和七年十一月に撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004