2011.06.27 文春写真館

土門拳の〈カメラは嘘発見器でもある〉

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

土門拳の〈カメラは嘘発見器でもある〉

 土門拳は木村伊兵衛と並んで、戦後の日本を代表するリアリズム写真家である。

 明治四十二年(一九〇九年)生まれ。

 昭和八年(一九三三年)、宮内幸太郎の写真場に弟子入りし、写真を学ぶ。その後、名取洋之助の第二次日本工房に参加、報道写真を撮影し始める。その後、著作権の帰属をめぐり、名取と土門は対立、土門は日本工房を退社することになる。

 戦後、広島の原爆病院を写した「ヒロシマ」や炭鉱問題を直視した「筑豊のこどもたち」は、大きな反響をえた。「怒りの土門」「ねばりの土門」そして晩年には「鬼の土門」とまで呼ばれた。

〈カメラのメカニズムこそは、事実そのものの鋭敏なレコーダーであり、逆にまた仮借ない嘘発見器でもある〉(「死ぬことと生きること」より)

 写真は昭和四十六年、「古寺巡礼」で菊池寛賞を受賞したときのもの。

 平成二年(一九九〇年没)。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004