2014.09.01 文春写真館

杉原輝雄は飛ばないゴルフでも勝ってきた

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

杉原輝雄は飛ばないゴルフでも勝ってきた

 杉原輝雄は昭和十二年(一九三七年)、大阪府生まれ。中学卒業後、ゴルフを始め、昭和三十二年、プロに転向。昭和三十七年、日本オープンゴルフ選手権で初優勝を飾った。身長百六十センチとプロゴルファーとしてはかなり小柄である。しかも、独特のスイング。日米対抗ゴルフに参加したときは、試合前の練習を見たアメリカ・チームのキャプテンから、一人アマチュアと間違われて、「ギャラリーに怪我をされても困るから、やめさせてほしい」と苦情を言われたこともあるという。

 ドライバーの飛距離が他の選手に比べて劣り、第二打ははるか後方から打つことを余儀なくされる。その彼が、居並ぶ大男たちに混じって、黙々と試合を進め、数知れぬビッグ・タイトルを手中に収め続けてきた。

 昭和五十九年、日本プロゴルフ選手会初代会長となる。

 杉原は、非力なアマチュアにアドバイスを残している。

〈サンデー・ゴルファーは試合前日に練習なんかしないほうがいい。ドライバーをふりまわしたって、見えない疲れが残るだけで、効果はないんです。小さなクラブでコントロール・ショットの練習だけやっておけばいい。それも、トータルで百発が限度と覚えておくこと〉

〈アマチュアは、ヒジが曲れば曲ったでよし、絶対に自分の自然のフォームを崩さず、それが一つの型になるまで、一生懸命、球を打つことですよ〉(「週刊文春」昭和五十年一月八日号「飛ばなくてもゴルフは勝てる」より)

 写真は平成元年(一九八九年)八月、ダイワKBCオーガスタに優勝したときに撮影。

 平成九年(一九九七年)、前立腺ガンの告知を受けるが、生涯現役を貫いた。平成二十三年(二〇一一)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004