2015.06.05 書評

日常からちょっと離れて、
ニューヨークの魔法にかかってみませんか

文: 岡田 光世 (作家・エッセイスト)

『ニューヨークの魔法をさがして』 (岡田光世 著)

「ニューヨークの魔法」シリーズ 第6弾。人と人とのささやかな触れ合いをニューヨークを舞台に描く。ニューヨークの小粋な言葉があふれる魔法の本たち。どの話にも、簡単なのに心に響く英語のフレーズが入っている。どの本から読んでも、胸を打つ! 「売れてる本」(朝日新聞)、「ポケットに1冊」(読売新聞)、「ベストセラーの裏側」(日経新聞)など人気書評コラムで取り上げられた話題のシリーズ。

『ニューヨークの魔法をさがして』 (岡田光世 著)

「ニューヨークって怖いところじゃないの? 本当にこんなふうに、他人同士が言葉を交わし合うの?」

 私はすでに、ニューヨークについて何冊もエッセイを書いてきた。私の本を読み、半信半疑だった読者。自分の目で確かめるために、お金を貯めて、ニューヨークへ行ってみた。

 私が描く街が、確かにそこにあった、という。

 ニューヨークは、人と人の心が触れ合う瞬間に満ちている。人と人の垣根が低く、他人同士が気さくに言葉を交わす。そう書くと、「東京だってそうだ。一般論で語るな」と言われてしまいそうだ。

 でも、ぜひ、ニューヨークに行ったら、街を歩き回ってみてほしい。地下鉄に乗ってみてほしい。スーパーに行ってほしい。スーパーのレジで並んでいると、「セール品のオレンジジュースがあったよ。替えてきたら?」と後ろにいる女性が教えてくれる。

(本文写真/著者撮影)

 地下鉄の路線図を眺めていると、「どこに行きたいの?」と誰かが声をかけてくる。「一眼レフ、バッグにしまっておかなくて大丈夫?」と“お節介”を焼いてくる。

 昔からの知り合いのように、街のあちらこちらで他人同士がおしゃべりしている。

 時には思わぬ出会いがあり、本書でもそんな話をいくつか紹介している。地下鉄のホームでおしゃべりした女性が、突然、秘めていた親への思いを私に明かし、泣き出した。

 ニューヨークで、横柄な態度やマナーのなさに腹を立てることもある。もちろん、東京でも、オープンな気持ちで街を歩けば、時に似たような経験をする。それでもやっぱり、頻度は少ない。 

 客引きはともかく、相手の方から声をかけてくることは、少なくとも私の経験ではあまりない。文化や習慣、気質の違いもある。どちらがいいとか悪いとか、という問題ではない。でも、昔は東京でも、もっと他人と言葉を交わしていたのかもしれない。

【次ページ】

ニューヨークの魔法をさがして
岡田光世・著

定価:本体610円+税 発売日:2015年05月08日

詳しい内容はこちら


こちらもおすすめ
書評“ニューヨークの魔法”はなぜとけない!? 福岡ハカセ、岡田エッセイ最大の謎に迫る(2015.05.22)
書評孤独な大都会ニューヨークの、 負の部分を補って余りある魅力(2014.02.28)
書評ディストピアとしてのアメリカ像(2014.11.30)
書評「私たちは会社を捨てる」  ハーバード卒から新しい主婦へ(2014.03.14)
書評日系人の歴史を記録した 映画監督の体験的アメリカ論(2012.09.14)
書評固定観念を打破する貴重なアメリカ論(2012.03.21)
書評恐ろしくも生々しい「本当のアメリカ」(2008.09.20)