2013.03.04 文春写真館

鈴木善幸は地元にお国入りした直後に総理を辞任した

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

鈴木善幸は地元にお国入りした直後に総理を辞任した

 明治四十四年(一九一一年)生まれ。岩手県の網元の家に生まれ、水産講習所を卒業。漁業組合関係の仕事についた後、昭和二十二年(一九四七年)、日本社会党から衆議院選挙に出馬、当選する。その後、吉田茂が率いる民主自由党に移り、保守合同後は池田勇人の宏池会に入る。郵政大臣、内閣官房長官、厚生大臣、自民党総務会長、農林大臣を歴任。調整型の政治家として地位を固めた。

 昭和五十五年、三木、福田派が大平内閣不信任案決議に欠席、同案が可決され、大平首相は衆議院を解散、衆参同時選挙に打って出た。大平は選挙終盤に急死するが、選挙は自民党が大勝する。

 しかし、後継指名は混迷を極めた。臨時首相代理だった伊東正義官房長官は、「親友が亡くなったばかりなのに、とても首相をつとめる気にはならない」と固辞。不信任決議に加担することとなった反主流派福田赳夫、河本敏夫らも候補となることはできず、中曽根康弘も田中角栄からの信任を得ることはなかった。結果的に、大平政権を継承する形で同じ派閥(宏池会)の鈴木善幸が総理総裁の座についた。

 就任後は「暗愚の宰相」などと揶揄されながらも、「和の政治」をスローガンに掲げ、党内融和に努めた。また、財政改革を掲げ、第二次臨時行政調査会(土光敏夫会長)を発足させた。安全保障面ではレーガン大統領との会談後、「日米安保条約は軍事同盟ではない」と発言、伊東正義外相が辞任するなど、不用意な発言がめだった。

 写真は昭和五十七年、首相就任後初めて地元岩手にお国入りしたときのもの。故郷に錦を飾ったわけだが、この一ヵ月後に、突如総裁選不出馬を表明。田中派に配慮した党内バランスの舵取りに行き詰ったことや、日米関係の悪化に苦慮したことが背景にあるとされる。三女は麻生太郎に嫁いだ。平成十六年(二〇〇四年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004