2010.11.29 文春写真館

帝国ホテル総料理長村上信夫の料理はまごころ

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

帝国ホテル総料理長村上信夫の料理はまごころ

 平成二十二年(二〇一〇年)は、帝国ホテルが創業して百二十年目にあたる。長い歴史を誇る同ホテルは数々の著名なアルチザン(職人)を生んできたが、総料理長だった村上信夫もそのひとり。

 大正十年(一九二一年)生まれ。十二歳のときに、浅草の洋食屋に住み込みで働くようになる。昭和十四年(一九三九年)帝国ホテルに入社。戦争中、中国を転戦、戦後は旧ソ連に抑留された後、復員して帝国ホテルに戻る。その後、ベルギー、フランスで修業し、東京オリンピックでは、選手村料理長も務めた。昭和四十五年には、取締役総料理長となる。

 また、NHK「きょうの料理」の講師も務め、ハンバーグなど家庭的な洋食の作り方をわかりやすく紹介した。

〈うまい料理を作るコツは、技術も大切だけど、最後はまごころです。これがなければ最善の努力ができません。私を名人なんて呼ぶ人がいますが、コックに名人なんて称号は必要ない。まだまだこれからも、生涯勉強です〉(「週刊文春」平成十一年六月三日号「家の履歴書」より)

 平成十七年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004