2015.09.25 特集

「今を精一杯生きて下さい」そんな彼女の言葉を胸に刻んで

文: 吉永 龍太 (文藝春秋)

キャスターの黒木奈々さんが9月19日に胃がんのため亡くなりました。享年32。病状を克明に記したメモをもとに『未来のことは未来の私にまかせよう』を執筆し、復帰を果たした矢先の出来事でした。黒木さんに伴走し続けた編集者が、追悼の言葉をよせます。

黒木奈々さん

 彼女に初めて会ったのは、胃の全摘手術から約1カ月の昨年10月31日だった。その第一印象は「本当に闘病中なのかな?」だった。テレビのままの姿がそこにはあった。

「私は言葉を使って人に伝える仕事をしています。今回は文字で私の経験を伝えたいんです」。自分ががんと宣告されてから、毎日書いていたという「日記」を彼女は持ってきていた。

 それから1年経たずに彼女の葬儀に参列することになるとは。

 葬儀場の祭壇に向かう通路と中庭には、大きなパネルが何枚も置かれていた。どれもとびきりの笑顔だ。『未来のことは未来の私にまかせよう』の表紙と、『原色美人キャスター大図鑑』の取材・インタビューで撮影したものだ。

「いつも動画で撮られているから、止まった写真は慣れてないんです。でも今日は知っているスタッフばかりで安心」。この撮影時の写真がまさか“遺影”になるなんて。

「お腹にこんな傷があって、ガンも再発するかもしれないし、こんな私を好きになってくれる人がいるのかな」。『国際報道2015』でのクールな美人のイメージがあるが、普段の彼女は、素直で本当にいい子だった。

 葬儀場は、参列者の涙で溢れていた。あんなにも泣き声が聞こえる葬儀は初めてだった。

 ご両親に「可愛い写真ばかりでより哀しいんです」、単行本については「奈々が生きた証を残してくれてありがとうございます」と挨拶していただいた。その姿が辛かった。

「未来のことは未来の自分にまかせて、今を精一杯生きて下さい」。彼女が残したこの言葉を心に刻んでおきたいと思う。

 バイバイ奈々ちゃん。君の大好きな、ワインと牛肉を、一度は一緒に食べたかった。

吉永氏立会いの撮影にて

未来のことは未来の私にまかせよう
31歳で胃がんになったニュースキャスター

黒木奈々・著

定価:本体1,200円+税 発売日:2015年03月26日

詳しい内容はこちら

原色美人キャスター大図鑑2015
週刊文春グラビア特別編集

定価:※各書店サイトで確認してください 発売日:2015年02月12日

詳しい内容はこちら


こちらもおすすめ
書評〈セカンドオピニオン外来〉開設 ――慶応病院の後輩から届いた手紙(2015.01.15)
書評おかげさまで、急性白血病の告知後四年が過ぎました(2014.09.22)
書評はなちゃんに贈られた一生のプレゼント 親が子にしてやれること(2014.08.26)
書評感動の書籍刊行から2年半 文庫版あとがき「その後のこと」(2014.08.21)
書評愛に対価は必用なのか? 癌と闘った花嫁と、若き夫の7年間(2014.08.19)
インタビュー・対談患者ではなく医者のためのがん治療(2014.04.24)
書評登山家、がんという難ルートを歩む(2013.10.30)
書評勘三郎さんは 「がんで亡くなった」のではない(2013.05.01)
インタビュー・対談末期がん患者 在宅緩和ケアのパイオニア(2013.01.25)
書評がん細胞を全滅させる 〈ウイルス療法〉の衝撃(2012.08.24)
インタビュー・対談私、がんサバイバー歴35年です(2012.07.13)
書評悲惨なのにどこかさわやか、未だかつてない癌の物語(2011.08.20)