作品紹介

黒木奈々、31歳。NHK BS1「国際報道2014」のメインキャスターに抜擢され、その前途は輝かしいものに思われていた。
そんなある日、友人との食事中に突然の胃痛に襲われる。救急車で運ばれ、胃せん孔との診断で入院。しかし、それは、たんなる胃潰瘍ではなく胃がんだった……。
セカンドオピニオンを得て、胃の手術を決意。同時に、自らの病名を公表し、病と戦うことを宣言する。
キャスターという立場を生かし、同年代の働く女性たちが、がんに襲われたとき、何か力になれるのではないかという信念のもとに、がん宣告のあとの心境を綴った手記が本書である。
あくまで明るく、前向きに病と闘いつつも、32歳の女性ならではの悩みはつきない。
容姿が取りざたされる職業で、果たして自分は仕事に戻れるのか。
これまでキャリアを優先してきたけれど、もう一度、誰かと恋ができるのだろうか。
結婚は? 子どもを持つことは?
何も「あきらめない」ことを目標とする今の女性たち。その中でがむしゃらに先頭を走ってきたキャスターが突然の病に襲われたとき、何を選び、何をあきらめるのか。
揺れ動く気持ちを素直に書き記した闘病記。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
今や二人に一人はかかるという「がん」。周りに闘病中の人がいることは、まったく珍しくない現実です。しかし、31歳の若さで、いきなり胃がん、手術、抗がん剤治療という事実を突きつけられたら? 努力の末、やっと摑んだNHK BS1『国際報道2014』のキャスターという仕事、まだ恋も結婚もしたい、子供もほしいのに……。
突然、悲劇のヒロインになってしまった著者の黒木奈々さんですが、本当に明るく、前向きに闘病中。
再び番組に戻れる日が必ず来ます! (FY)
目次
●ワインバーでの突然の激痛
●番組のオンエアがあるから帰っていいでしょうか?
●ご本人にはつらい話ですが……
●がんであることを公表しよう
●”がん封じ”のお守りを手に検査室へ
●また、恋できるかな……
●抗がん剤? 仕事復帰は無理ですか?
●愛される条件は、若くて健康であること?
●あまりにつらい副作用
●「美味しい」という感覚が戻った
商品情報
書名(カナ) ミライノコトハミライノワタシニマカセヨウ サンジュウイッサイデイガンニナッタニュースキャスター
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2015年03月30日
ISBN 978-4-16-390238-8
Cコード 0095

著者

黒木 奈々

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く