2017.02.24

あの作家が思う最後の晩餐とは?『おあとがよろしいようで』ほか【発売情報】

  • twitter
  • facebook
  • google
  • hatena
「あの作家が思う最後の晩餐とは?『おあとがよろしいようで』ほか【発売情報】」をはてなブックマークに追加

来週の発売ラインナップ (2017/02/26~2017/03/04)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

タイトル 音の記憶
著者名 小川理子
発売日 2月27日
作品紹介 感情を揺り動かすそんな音を私は創りたい
消えたオーディオブランド「テクニクス」再生を会社は私に託した。世界的ジャズピアニスト兼技術者・パナソニック女性経営者の手記。
タイトル おあとがよろしいようで
著者名 オカヤ イヅミ
発売日 2月27日
作品紹介 人気作家は死ぬ前に何を食べたい?
食べることが大好きで死が怖いという漫画家が、人気作家15人に最後の晩餐を訊いて死への怖さを和らげようとするコミックエッセイ。
タイトル ゼロデイ
著者名 山田敏弘
発売日 2月28日
作品紹介 いま、そこにある危機
サイバー攻撃によって大都市を機能不全に陥れる――これはもはやフィクションではない。国対国の静かなる熱戦の最前線を取材!
タイトル 芝公園六角堂跡
著者名 西村賢太
発売日 2月28日
作品紹介 私小説の一本道を行く――鬼気迫る作品集 
厳寒の深夜、師・藤澤清造の終焉地に佇む北町貫多。惑いを経て、歿後弟子の初志貫徹を願う――予定調和とは無縁の至誠あふれる四作。