生産者が丹精込めて育てた食材を使い、大地の恵みに感謝しながら、食べる人への愛情を込めて料理する──。それが全米で最も予約の取れないレストラン「シェ・パニース」のオーナー、アリス・ウォータースの料理哲学です。

Contents

写真の左右にあるナビゲーションをクリックすると次のchapterをご覧いただけます。また写真のみのパネルをクリックすると大きい画像でご覧いただけます。立ち読みマークのあるところでは、本の内容もご紹介しています。

Profile

アリスさんプロフィール写真

アリス・ウォータース

1944年米国ニュージャージー州出身。カリフォルニア大学バークレー校でフランス文化を学ぶ。在学中からフランス料理に興味を持ち、1971年、バークレーに『シェ・パニース』をオープン。地元のオーガニック食材だけを使い、日替わりのコースメニュー1 種類だけのレストランは人気を呼び、カリフォルニア・キュイジーヌの殿堂として、全米で最も予約の取れないレストランとなった。近年はスローフード運動の提唱者として、食農教育などの活動も行っている。著書に『アート オブ シンプルフード』(小学館)がある。

1971年にアリス・ウォータースがカリフォルニア・バークレーに開いたオーガニック・レストラン。地元の旬の食材のみを使ったディナーのメニューは厳選された1コースのみで、65~100ドル程度。全米で最も予約のとれない人気レストランとして知られている。
シェ・パニース公式サイト: http://www.chezpanisse.com