2015.02.25 書評

まるで心理ホラー!?
職場を蝕む“モンスター”

文: 石川 弘子 (石川社労士事務所代表)

『あなたの隣のモンスター社員』 (石川弘子 著)

 職場の人間関係で悩む人は少なくない。嫌味な上司や、意地悪な先輩、生意気な後輩……。人の価値観は様々だし、相性の良し悪しもある。どこの職場にも「いやな奴」や「困ったちゃん」はいるだろう。

 私は社会保険労務士として、日々企業の労務相談に応じたり、就業規則の作成などを行ったりしている。その中で、ここ数年、しばしば衝撃的な事例に遭遇するようになった。

 単なる「いやな奴」や「問題社員」とは全く異なる、まさに「モンスター」と呼ぶしかない社員についての相談が急増しているのだ。

 モンスターは、放っておくと、職場や組織が崩壊するほどの影響を周囲に及ぼす。

「巧みに嘘をつき、自分が悲劇のヒロインになるよう周囲の人間関係をコントロールしようとする女優社員」

「困ったことがあると、親・配偶者が会社に文句をつけてくるお子様社員」

「感情のコントロールができず、すぐに怒鳴ったり、物を投げつけたりするパワハラ社員」

「自己愛が肥大して、虚言や自慢で塗り固める妄想ナルシスト社員」

「あり得ない理屈をつけて自分を正当化し、周囲の人間に迷惑をかけても、全く気にしないKY社員」

 こういった、常識的には考えられない理解不能な言動で周囲を引っ掻き回す「モンスター社員」が今、職場を侵食しつつある。一歩対応を間違えれば「一人のモンスターが組織を滅ぼす」のである。

 怖いのは、こうした「モンスター」は、えてして第一印象は良いことが多いことだ。「いい人」と思っていた同僚がある日突然豹変する。あるいは、巧みに隠していた裏の顔を見せる――。そのショックは当事者でないとわからないだろう。

 普段は穏やかな経営者が「先生、たいへん! 助けて!」とパニックになって、私の携帯電話に電話がかかってくることが数知れずあった。原稿を読んだ編集者が「実話なのに、まるで心理ホラーですね」とため息をついたほどである。

【次ページ】

あなたの隣のモンスター社員
石川弘子・著

定価:本体750円+税 発売日:2015年02月20日

詳しい内容はこちら


こちらもおすすめ
書評リーダーの要諦は「思いやり」と「言行一致」 『論語』に学ぶビジネスの極意(2014.10.13)
特設サイト池上 彰『学校では教えない「社会人のための現代史」』(2013.10.11)
書評私を導いてくれたリーダーたち(2013.10.01)
書評会社は自らを相対化できない(2011.10.21)
書評東大生たちの「就職失敗学」(2009.08.20)
書評「ブラック企業」はこうして見極めろ! (2013.02.14)
書評若者と、日本の未来を奪うブラック企業(2012.11.22)
書評優良二十五社を徹底紹介 「正しい会社の選び方」も伝授(2013.12.30)