2015.08.05 書評

デヴィッド・ボウイ、矢沢永吉、坂本龍一、忌野清志郎――74歳スタイリストのロックな交遊録

文: 高橋 靖子

『時をかけるヤッコさん』 (高橋靖子 著)

 この本の第1章をデヴィッド・ボウイが占める事になったのは、自然の成り行きです。

「僕はもともとインディーズの人間で、それがたまたまメイン・ストリームに泳ぎついたんだ」

 これは、デヴィッドが発した言葉の中で、私が最も好きな言葉です。

 約50年前、学校を卒業した私は、それに似たニュアンスで私の人生を歩み始めました。

 その頃新しかった広告業界の、それもほとんどお手本もない「スタイリスト」と呼ばれる職業。「隙間中の隙間」にあったこの職業、日本で職業登録して納税した第1号という事になってます。

1980年、六本木の「東風」へランチに向かうところ(撮影・鋤田正義)
1973年、NYのラジオシティ公演の直前(撮影・鋤田正義)

 いつのまにか、たくさんの人たちと巡り会ってきました。

 時にはシャイのかたまりになって動けないまま。

 時にはすーっとエスカレーターに乗るように。

 そして実はコツコツ、コツコツと努力して。

 そうやってめぐりあってきた人たちは、自ら光を放ちながら、時代をつくった人たちでした。

 とても幸運だったのは、彼らがまだその自覚もない時に、私も自覚のないまま伴走できたことです。

 そして、ある時、それを伝えたい気持ちにかられるようになりました。

坂本龍一さんと、北海道のロケにて
忌野清志郎さん、幻になってしまったCMの衣裳を制作

 70年代ブームの今、私が伝えたいのは何なのか、自問してみます。

 70年の輝きは、時代の奥にある漠然とした希望感が、エナジーの基本だったと思います。

 けれども現在、「なんだかわからないけど、これから先におもしろいことがある」という希望を持つ若者が、どれほどいるでしょうか。そういう希望を打ちのめしたのは、私も含め、昔若者だった今の大人です。

 74歳の私がスタイリストをやめないように、自分の中にいまだに存在する「20代、30代、40代の私」をやめさせたくないのです。

 そして、細々ながら、みんなと時代を共有してゆきたいのです。

【次ページ】

時をかけるヤッコさん
高橋靖子・著

定価:本体1,580円+税 発売日:2015年07月11日

詳しい内容はこちら


こちらもおすすめ
特設サイトRADWIMPS野田洋次郎が綴った時空を超えた記録 『ラリルレ論』(2015.05.15)
書評ただの恋愛小説ではない! 深化していく愛が、迎える結末とは(2014.11.20)
書評音楽への愛にみちた青春バンド小説(2011.07.20)
書評ファッションを通じて元気を届ける(2012.10.26)
書評ギターと音楽を愛する人へ(2010.09.20)