2013.12.30 書評

優良二十五社を徹底紹介
「正しい会社の選び方」も伝授

文: 坂本 里和 (経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室長)

『ホワイト企業 女性が本当に安心して働ける会社』 (経済産業省 監修)

「先輩から、ブラック企業の話ばかり聞かされていたので、こんなにホワイトな企業がたくさんあることを知り、とても驚いた。」(大学1年女子)

「今まで、女性は、家庭と仕事と、どちらかを優先しなければいけないと思っていたが、両立できる企業もあると知り、育児しながらでも夢に向かって進んでいけることがわかった。」(大学4年女子)

「とても優秀な姉と妹が“どうせ女性は妊娠や出産でキャリアを挫折するのだから”という理由で、大学受験でも、就職でも、実力よりもレベルを下げたところを目指すのを、非常にもったいない、という気持ちで見てきた。」(大学1年男子)

 これらは、経済産業省で2012年度から始めた「ダイバーシティ経営企業100選」表彰式に出席してくれた学生たちの声です。

 安倍総理は、「女性の活躍推進は成長戦略の中核」というメッセージを出し続けています。海外からは、今回の「日本再興戦略」の中で「最も新味のあるテーマ」として注目され、2013年9月末には米国を代表するブルッキングス研究所で「アベノミクスからウーマノミクスへ」というシンポジウムが開かれました。

 こうした機運の高まりを受けて、「ダイバーシティ」(多様な人材活用)に本気で取り組もうという企業も確実に増えてきています。

 にもかかわらず、これからの日本を背負って立つ学生たちがいまだに「育児とキャリアは二者択一」だと思いこみ、「家庭を大切にしたいから」という純粋な思いでキャリアの道は最初からあきらめている……。

 こんな現状にショックを受け、「二者択一じゃないよ」ということをもっと多くの方に伝えたい、という一心で、この本の企画をお手伝いすることにしました。

【次ページ】女性が活躍できる会社とは

ホワイト企業
経済産業省・監修

定価:1,200円+税 発売日:2013年11月29日

詳しい内容はこちら