2013.12.16 日めくり立ち読み『感受体のおどり』

第8番

文: 黒田 夏子 (作家)

登場人物紹介

 生後千にちの走井(はしりー)は,見る位置によって鏡の映すものが変わってしまうふしぎに,速くまた遅く往き戻り見あげ見おろしたあげく,ではだれも見ていないときの鏡はなにを映しているのだろうといぶかって,じゅうぶん長く,と千にちの走井(はしりー)におもえたあいだ背をむけていてから急にふりかえってみたり,果てはきっぱりとへやを出ていってから,おもいもかけない,と鏡にとってかんじられるだろうと千にちの走井(はしりー)がかんがえたすきまからのぞいてみたりしたそうだった.だがどうしても鏡の老獪と敏捷とに勝てなくて,だれも見ていないときの鏡を見ることはできなかったと,九ばいも生きたころ,走井(はしりー)はわらって話した.

感受体のおどり
黒田夏子・著

定価:1,850円+税 発売日:2013年12月14日

詳しい内容はこちら