作品紹介

2013年1月、史上最高齢75歳での芥川賞受賞作『abさんご』が大きな話題となった黒田夏子さん。彼女が作家を志したのは20代の頃。世に出るまでの間に書き溜めた作品が幾つかありました。中でもご本人が自信作と語るのが、この『感受体のおどり』。今回、全面的に手を入れたうえで満を持して受賞第一作として発表します。
黒田さんは執筆と並行して、少女時代から日本舞踊に打ち込んできました。その踊りの世界を背景に、数十人の登場人物がドラマを織りなします。軸となるのは語り手の「私」が師匠である「月白」に向けるひたむきな恋。
もっとも登場人物たちの性別は一切明かされず、全文横書き、ひらがなを多用、といった独特のスタイルは、『abさんご』と共通します。
また、短い断章が連ねられながら恋愛模様が描かれていく様は『源氏物語』を、あるいは記憶の地層が掘り起こされていく様は、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』をどこか想起させます。
大河ロマンでもあり、究極の実験小説でもある異色の傑作です。

日めくり立ち読み『感受体のおどり』
書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
2013年1月、史上最高齢75歳での芥川賞受賞が大きな話題となった黒田夏子さん。待望の受賞第一作となる長編です。黒田さんは、少女時代から日本舞踊に打ちこんできました。その踊りの世界を舞台に、師匠にむける語り手の「私」のひたむきな恋が物語の軸になります。と同時に、「私」は作家になることを夢見てもいて、自伝的要素が投影されています。登場人物は五十人にもおよび、「芸術」と「人生」が綾なす壮大な群像劇が展開されます。『源氏物語』や『失われた時を求めて』を想起させる大河小説です。(MJ)
商品情報
書名(カナ) カンジュタイノオドリ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 A5判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2013年12月15日
ISBN 978-4-16-382840-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く