2015.09.01 特集

【文春文庫 秋の100冊フェア】『等伯』直木賞までの長い道のり

『等伯』『対岸の彼女』『容疑者Xの献身』『私の男』『月と蟹』

安部龍太郎さんが『等伯』で直木賞を受賞するまでの道のりと今回の「文春文庫 秋の100冊フェア2015」で取り上げている直木賞受賞作4作のご紹介です。

『等伯 上・下』(安部龍太郎 著) 能登の絵仏師・長谷川信春は、天下一の絵師をめざし京に上る。激動の戦国の世で、たび重なる悲劇に見舞われながらも己の道を信じた絵師「等伯」の一代記。傑作長編!

 安部龍太郎さんが『等伯』で直木賞を受賞したのは、2013年1月。デビューから24年、初めて候補に選ばれてからも、19年という歳月が流れていた。

 長い道のりだと思う。凡人ならば、諦め、挫けるところだ。安部さん自身、賞の対象からは外されたのだろうと思っていたというが、それでも書き続けてきたのは、「小説を書く以外にやりたいことがないから」だった。

 そんな中で出会ったのが、長谷川等伯だ。

 等伯は、故郷の能登・七尾から上洛したのが33歳と遅かった。そして五十過ぎまで世間に認められることもなく、不遇を耐え抜いてきた。作家になりたいと徒手空拳で田舎から上京し、背水の陣を敷かなければダメだと、周囲の反対を押し切って公務員を辞め、そして社会的に評価されることがなくても、志と情熱を持って書き続けた自分と重なる。

「等伯は私である、と言っても半分は当たっていると思います」

 これまで多くの戦国時代小説を書いてきた安部さんだが、武将などとは違い、画家は、その作品を実際に目にすることができる。虚心坦懐に絵と向き合い、対話することで、等伯その人を知ることができた。
等伯が上洛したのは33歳。安部さんが文壇デビューを果たした年齢と同じだ。そして安部さんが『等伯』を書いたのが、57歳。奇しくも同じ歳、等伯は代表作である「松林図屏風」を描いた。

 「等伯が僕を選んで書かせたのかな、という気がしています」

【次ページ】

等伯 上
安部龍太郎・著

定価:本体700円+税 発売日:2015年09月02日

詳しい内容はこちら

等伯 下
安部龍太郎・著

定価:本体700円+税 発売日:2015年09月02日

詳しい内容はこちら


こちらもおすすめ
インタビュー・対談『私の男』映画化記念 桜庭一樹 “居酒屋”インタビュー(1)(2014.06.06)
インタビュー・対談『私の男』映画化記念 桜庭一樹 “居酒屋”インタビュー(2)(2014.06.13)
インタビュー・対談『私の男』映画化記念 桜庭一樹 “居酒屋”インタビュー(3)(2014.06.27)
書評なぜ女は女を区分けしたがるのか(2004.11.20)
書評改稿によって立体的に見えてきた 東野圭吾「ガリレオ」シリーズの特色(2015.06.11)
インタビュー・対談『月と蟹』の舞台を歩く(2010.09.20)