2015.07.29 インタビュー・対談

これだ! 今、こういう本を読みたかったんだ!<後編>

聞き手: 「本の話」編集部

『武士道ジェネレーション』刊行記念 書店員座談会

これだ! 今、こういう本を読みたかったんだ!<後編>

青春を剣道にかける女子、あの『武士道』シリーズの「強さは力」剛の香織と「お気楽不動心」柔の早苗が帰ってきました! 高校卒業から6年、それぞれ道を歩き出した2人を待ち受けるのは――。最新作の刊行を記念して、3名の書店員の方に、このシリーズの魅力について熱く語っていただきました。

「これだ! 今、こういう本を読みたかったんだ!」<前編>はこちら

真髄が分かったもの同士の交流が深い

白井 男性の作家さんが書いているからなのか、早苗と香織がすごくさっぱりした付き合いをしているんですよね。途中、いざこざじゃないけど、すれ違いがあったとしても、ずっとお互いを大切なものとして好敵手としていく。

内田 二人の距離感がずっといいですよね。

白井 女性として、ああいう友達に恵まれるってすごいうらやましい

勝間 ああいう友達、なかなかできないですよね。

白井 きれいな話かもしれないけど、中三ぐらいから大人になって結婚するまでの二人の女性をずっと追っていっていて、でも、現実にそういう女性って周りにいるだろうなって思いましたね。

内田 かけ離れたようなそういう異質な感じじゃなくて、身近に居そうな感じがするっていうのはある。だから違和感がないし。でも、いいな、こういう世界に憧れるなっていうのはあります。

白井 そうですよね。

勝間 早苗と、あとレナもいいですよね。香織とは別の方向から剣道に対してすごい一生懸命じゃないですか。いろんな練習をしていて。座頭市の真似とか普通剣道でやらないし、ああいうところが好きですね。

三省堂書店営業企画室 内田剛さん

内田 今回、意外な登場人物を出しちゃうのもいいですね。キャラクター的にもすごくたってる。最初「えっ?」と思いましたけど、「外」からの目線があるから、より「内」が見えてくるっていうのはある。

勝間 そうですね。まさかここで。

内田 それはすごい今回のスパイスになってると思って。

勝間 僕、あの人好きですね。福岡南の監督。

白井 吉野先生。

勝間 吉野先生、好きですね。剣道に関して、相当危ない感じがする。『セブンティーン』の時、最初、ただの酔っ払いでしかなかったのが徐々に……。『エイティーン』でも活躍するし。

内田 そうだね。そう思う。

勝間 今回、香織との場面で、実は、みたいな描写があって。ちょっとかっこいいなって。

内田 かっこいいよね。その辺、真髄が分かったもの同士の交流みたいなのがあって深いですよね。

武士道ジェネレーション
誉田 哲也・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2015年07月30日

詳しい内容はこちら

武士道エイティーン
誉田 哲也・著

定価:本体640円+税 発売日:2012年02月12日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら

武士道セブンティーン
誉田 哲也・著

定価:本体630円+税 発売日:2011年02月10日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら

武士道シックスティーン
誉田 哲也・著

定価:本体640円+税 発売日:2010年02月10日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら


こちらもおすすめ
別冊文藝春秋待望の「武士道」シリーズ、始動 出会いあり、予期せぬ苦難あり、乞うご期待!(2015.05.11)
特設サイト誉田哲也 『武士道エイティーン』(2009.07.30)
インタビュー・対談武士道女子高生の最後の夏(2009.06.20)