2015.03.02 インタビュー・対談

ときには向こう見ずな冒険も
天童荒太×石田ゆり子

聞き手: 「本の話」編集部

『悼む人』 (天童荒太 著)

ときには向こう見ずな冒険も<br />天童荒太×石田ゆり子

原作との衝撃の出会いから、出演立候補まで。 映画『悼む人』にかけた熱い想いを語り尽くす!

天童荒太(てんどうあらた)1960年愛媛県出身。96年『家族狩り』で山本周五郎賞、2000年『永遠の仔』で日本推理作家協会賞、09年『悼む人』で直木賞受賞。

天童 映画『悼む人』の関係者試写を拝見した後に申し上げましたが、「天童荒太賞」というものがあれば、石田さんに差し上げたい。映画自体が素晴らしかったことはもちろん、石田さんの演技はご自身の存在を賭けた真に迫るもので、スクリーンの中で奈義倖世を生きるということを丁寧に実践されていました。そのことに心から敬意を表したかったんです。

石田 そのお言葉が最高のご褒美ですよ。そう言っていただけて本当に嬉しかったです。

天童 実は、石田さんご自身が『悼む人』をお読みになって、「倖世を演じたい」というオファーのお手紙を送って下さったんですよね。

石田 はい。「静人のように、見ず知らずの死者を悼む青年が実在したら?」と想像が膨らんで、吸い込まれるように読みきってしまいました。映像がありありと眼に浮かぶ感じで、「これは映像化されるに違いない!」と思ったんです。それで、矢も盾もたまらず書いた手紙を天童さんにお送りしたのですが、振り返ってみると、かなり向こう見ずですね。

天童 結果として石田さんのその積極性が映画全体に素晴らしい影響をもたらしてくれたわけですから。ときには向こう見ずな冒険も大事です。

石田ゆり子(いしだゆりこ)1969年東京都出身。88年にNHKドラマ『海の群星』でデビュー。以後、ドラマ・映画・舞台・執筆活動など多岐にわたり活躍する。

石田 そうですね。演じたい役に出会ったときに立候補する無鉄砲さを持っていてよかったです。正直、選んでいただけるとは期待していなかったし、立候補しなければ何も始まらなかったと思います。

天童 倖世は、夫である甲水朔也を、彼への愛を利用されるかたちで殺し、彼の亡霊に憑かれている。しかも、それは狂気ではなく、正気です。そういう特異な女性のどこに惹かれたんですか?

石田 彼女の人生があまりに壮絶で、私の想像の埒外にあったということが大きいです。けれど、一人の女性として共感できる部分もあって、彼女のような境遇で育ったら、同じように人を殺してしまうかもしれない。内面がとても複雑な女性で、これ以上ない難役ですよね。役作りといっても髪の毛を無造作に伸ばすことくらいで、やっぱり現場に行ってそこで感じたものを体現するしかない。とても勇気の要る挑戦でしたが、そういう経験をせずにこの先を生きて行くのが嫌だったんです。

天童 それは女優としての野心みたいなものなのでしょうか。

石田 ある意味そうです。

【次ページ】

悼む人 上
天童荒太・著

定価:本体590円+税 発売日:2011年05月10日

詳しい内容はこちら

悼む人 下
天童荒太・著

定価:本体570円+税 発売日:2011年05月10日

詳しい内容はこちら

静人日記 悼む人II
天童荒太・著

定価:本体680円+税 発売日:2012年10月10日

詳しい内容はこちら

オール讀物 2015年3月号

特別定価:1,000円(税込) 発売日:2015年02月21日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評『悼む人』映画化によせて 天童荒太 二〇一五年初頭のご挨拶(2015.01.23)
インタビュー・対談静人と自分の成長の証(2009.11.20)
インタビュー・対談重松 清×天童荒太 特別対談「命をめぐる話」 第1回:物語から歴史へ(2009.12.20)
インタビュー・対談重松 清×天童荒太 特別対談「命をめぐる話」 第2回:罪悪感の正体(2009.12.20)
インタビュー・対談重松 清×天童荒太 特別対談「命をめぐる話」 第3回:生と死を意識させるもの(2009.12.20)
インタビュー・対談天童荒太×松田哲夫「この世界に一番いてほしい人」 第4回:静かな作品世界(2)(2009.01.07)
インタビュー・対談天童荒太×松田哲夫「この世界に一番いてほしい人」 第3回:静かな作品世界(1)(2008.12.22)
インタビュー・対談天童荒太×松田哲夫「この世界に一番いてほしい人」 第2回:読者の声と作家の決意(2008.12.15)
インタビュー・対談天童荒太×松田哲夫「この世界に一番いてほしい人」 第1回:プロローグ(2008.12.08)