2015.01.29 書評

合作小説『キャプテンサンダーボルト』に
寄せられた絶賛の声を一挙紹介!

「ダ・ヴィンチ2015年2月号」今月のプラチナ本、2015年本屋大賞ノミネート作など、刊行以来、話題が絶えない合作小説『キャプテンサンダーボルト』。 阿部和重と伊坂幸太郎による合作、という当初の驚きが落ち着いた今、内容についての絶賛の声が続々と寄せられています。評論家、書評家、ライターなど、錚々たる読み手の方々による書評を、抜粋してご紹介します。(敬称略・50音順)

映像メディアではどうしても表現し切れない部分に数多くの鮮烈なアイデアや小気味の良いフックとなる書きぶりが投入されて、読みを牽引する。
──小池啓介(書評ライター)「ミステリマガジン」

 

『インディヴィジュアル・プロジェクション』×『ゴールデンスランバー』? 時代の波頭に乗って世界を眺めるような疾走感とアッパー感。
──鴻巣友季子(翻訳家)「毎日新聞」

 

この「新人」は、「文学」と呼ばれている世界と、「エンタメ」と呼ばれている世界、すなわち「芥川賞」と「直木賞」に象徴される2つの世界の両方に、大きく振りかぶって、白球を投げつけてみせた。変化球にして豪速球である。
──佐々木敦(評論家)「群像」

 

最初の数十ページを読んだだけで判るのは、この小説に半端ではない前への推進力があるということだ。(中略) 稲妻の如き勢いで物語は結末へと向けて飛んでいくことになる。エンターテインメントの読み味に「速度」を求める人は、文句なしに「買い」である。
──杉江松恋(書評家)「エキサイトレビュー」

 

小さな人間の喜怒哀楽と、ハリウッド映画のような巨大な事件の落差が、小説ならではのホラ話の醍醐味に転じるところがじつに見事だ。
──中条省平(学習院大学教授)「共同通信」

 

作家名が頭から消えてしまい、物語それ自体の魅力だけが心にまっすぐ届く。 これはそんな「読みはじめたらやめられない」傑作エンターテインメントなのです。
──豊崎由美(ライター)「中日新聞」

 

3人の前に次々と謎があらわれる。まるでジグソーパズルのピースが箱から投げ出されたように。翻弄され、追いつめられる3人。手に汗握る展開。そして最後の最後、すべてが収まる快感。
──永江朗(ライター)「週刊朝日」

 

矮小な目標からだんだんと壮大な目標に無理矢理押し流されていく2人をハラハラしながら見守りつつ、ところどころに織り込まれる少年野球時代の話によって、きゅんとさせられたりも。
──名久井直子(ブックデザイナー)「小説新潮」

 

現代文学の地勢図を思い描くとともに、文学は孤独な1人の営みであるという固定観念は何なのか、あらためて考えさせられた。
──沼野充義(東京大学文学部教授)「東京新聞」ほか

 

2人の大冒険はほんの3日間のことだが、「二十数年と3日かかって、成し遂げた!」。そんな思いが2人に、そして読者に、こみあげてくる。
──間室道子(代官山 蔦屋書店)「サンデー毎日 2015.1.28」

 

ふたりの作家は、言葉の最良の意味で、お互いの作家性を「中和」することに成功した。主役は自分たちじゃない、この物語だ――そんな心意気が隅々まで漲る本作が、面白くないなんてこと、ありえないのだ。
──吉田大助(ライター)「CREA」

キャプテンサンダーボルト
阿部和重 伊坂幸太郎・著

定価:本体1,800円+税 発売日:2014年11月28日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら