レビュー

証券市場を下敷きにした大河小説

『滅びの遺伝子 山一證券興亡百年史』 (鈴木隆 著)

文: 相田 雪雄 (元野村證券会長)

 山一證券の興亡が主テーマのように思えるが、実は戦中・戦後から今に至る証券市場の歴史物語である。著者鈴木隆がその歴史の大半を実体験しており、ジャーナリストの適確な視点から是非論をも含めて書き下ろしたものだ。さすがに筆は立つ。敢ていえば「証券市場を下敷きにした大河小説」ともいうべく、一気に読み通せる実録読みものだ。恐らく証券市場を筆にしてこれだけの話は他の誰にも書けないだろう。

 この本は是非若い人、特に学生諸君や司法・行政を預る官僚諸氏、又マーケットに近い処に職を持っている人々、特に証券、銀行、信託、保険、投資顧問等の経営者や職員には是非読んで貰いたい。戦争、敗戦、戦後、そしてバブル期を経て今日に至った市場経済とは一体何だったのか、これほどハッキリと実名を挙げて述べられている活字媒体は他にはない。本書に出ている人の殆んどはすでにこの世にいないだけに、まことに貴重な書きものとして歴史に残る一書である。

 今年は日露戦争が終わって百年ということで、あの時代を回顧する本が沢山出ている。新聞・雑誌も特集記事を組んで紙面をにぎわしているが、国家としての日本の大きな転換期であったこと、経済的にも振幅の大きい年代であったことなどが語られているものは少ない。

 この山一證券の百年史は国士の理想を胸に、堅実経営の「小池合資」に入社した、東京帝大法学部卒の太田収の物語から始まる。

 維新以来、薩長、特に長州閥がわが国の政、官界を支配してきたが、その間、徳川の側、特に会津の人々は彼らに敵視されてきた。法学士は帝国の官吏になるのが本筋であった。太田収の会津の血は薩長に仕える役人の道を拒否したといえなくもない。

 太田収を証券界入りに踏み切らせたのは、野崎広太が語った日露戦争の戦費調達の話だった。野崎は当時中外商業新報(現在の日本経済新聞)の社長である。野崎は日本人はすべて天皇の赤子であり、日本人に賊徒はいない、日本人として日本国のために働けと太田収に語りかけている。

 小池合資は、甲府柳町の貧しい商家の出身である小池国三の興した会社、まさしく山一證券の源流である。明治四十三年、小池合資は江ノ島鉄道の社債二十七万五千円を元引受けした。証券業者による初めての物上担保付社債引受けだった。アンダーライティングの第一号といってもよい。戦後の話になるが、わが国の社債制度、社債市場が自由な欧米に比べて大きく立ち遅れた遠因はここにある。

 ともあれ、野崎が太田収を小池国三に預けようとしたのは、国三から「日本のモルガンになろう」との野望を打ち明けられていたからである。

【次ページ】

滅びの遺伝子 山一證券興亡百年史
鈴木隆・著

定価:本体743円+税 発売日:2008年12月04日

詳しい内容はこちら

// JavaScript Document