2017.02.17

直木賞を受賞した恩田陸さん新刊『終りなき夜に生れつく』、切腹・殉死と欧外の死生観『切腹考』ほか【発売情報】

  • twitter
  • facebook
  • google
  • hatena
「直木賞を受賞した恩田陸さん新刊『終りなき夜に生れつく』、切腹・殉死と欧外の死生観『切腹考』ほか【発売情報】」をはてなブックマークに追加

来週の発売ラインナップ (2017/02/19~2017/02/25)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

タイトル 終りなき夜に生れつく
著者名 恩田 陸
発売日 2月20日
作品紹介 今明かされる、あの殺人者たちの過去
大作『夜の底は柔らかな幻』のスピンオフ短篇集。特殊能力を持つ「在色者」たちの凄絶な過去が語られる。
タイトル コミック 鬼平犯科帳100
著者名 さいとう・たかを 原案・池波正太郎
発売日 2月21日
作品紹介 思い詰めた表情で遺体を見る商人風の男は一体?
増屋の大番頭の八十吉には秘密にしていた過去があった。仇持ちだったのだ。その事を盗賊に知られた八十吉は……。
タイトル 切腹考
著者名 伊藤 比呂美
発売日 2月23日
作品紹介 鷗外を読むことが生きる死ぬるにつながるのである
切腹のエロスに魅せられた詩人が『阿部一族』を自らの声で語り直しながら伴侶を看取るまで。熊本と異国の空を結ぶ新たなる文学誕生
タイトル 黒島の女たち
著者名 城戸久枝
発売日 2月24日
作品紹介 特攻隊員たちは、島に何を残したのか?
昭和二十年春、黒島に飛来してきた青年たちがいた。彼らとの交流は七十年後の今も続く。「あの戦争」を語り継ごうとする人々の物語!