2017.03.01 お知らせ

1年3カ月かけて完成。文藝春秋とよしもとがタッグを組んだ『文藝芸人』3月16日発売

「1年3カ月かけて完成。文藝春秋とよしもとがタッグを組んだ『文藝芸人』3月16日発売」をはてなブックマークに追加

このたび発売される、ムック『文藝芸人』(3月16日発売)は、弊社と笑いの総合商社・よしもとクリエイティブ・エージェンシーがタッグを組んだ新しい文芸誌です。

※画像は現時点でのイメージです

芸を舞台から紙へ

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーには6000人を超える芸人が所属しています。芸はもちろんですが、小説、エッセイ、評論、イラストなど、本業とは違う才能を兼ね備えている芸人も大勢います。

 そんな才能を開花させようとこの『文藝芸人』の企画がスタートしたのは、1年3カ月前のことでした。よしもとのマネージャーたちが担当芸人と相談し、自身の書きたいことを熟慮。それをもとに、文藝春秋の担当編集者と二人三脚で作品を書き上げました。

 表紙の絵はピン芸人・ネゴシックスさんが担当。 芥川賞作家の又吉直樹さんへのインタビュー、松本人志さんの特別企画をはじめ、東野幸治さん、森三中・大島美幸さん、博多大吉さん、ブラックマヨネーズ・吉田敬さん……、なんと、総勢130人強の芸人が登場します。

 発売に合わせて、芸人も登場する記者会見を予定しています。お楽しみに!

『文藝芸人』
2017年3月16日
定価:本体740円+税
※電子書籍も同時発売(価格は書店によって異なる場合があります)。