作品紹介

いまさら聞けない「世界の常識」

仏教、ユダヤ教、キリスト教からイスラム教まで。無宗教だけど信心深い日本人は宗教とどう向き合うべきか。やさしくて深い入門書

担当編集者より
多くの命が失われた震災いらい、宗教が気になる方は多いでしょう。さらにビンラディン殺害や中東革命など、海外ニュースの背後には宗教が潜んでいる。そこで池上さんが、三大宗教の専門家はじめ7人の賢者に、素朴すぎる質問をしてくれました。「南無阿弥陀仏」の意味は? 「最後の審判」は来ますか? 「コーラン」って何? 島田裕巳さん「葬式はいらない」の? 養老先生「いい死に方」って何ですか? 池上さんのやさしい解説で、究極の「人生のレッスン」が学べます。(AW)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く