電子書籍
電子書籍

文春e-Books

週刊文春が報じた SMAP解散までの600日

週刊文春編集部・編

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2016年09月02日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

二〇一六年十二月三十一日での解散を発表した国民的アイドルグループSMAP。
年初の独立騒動から八ヶ月、ぽっかりと空いたメンバー間の溝は最後まで埋まることはなかった。

ここにひとつのインタビューがある。
独立騒動の一年前にあたる二〇一五年一月、ジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川氏が週刊文春の独占取材に答えたロング・インタビューだ。
「対立するならSMAPを連れて今日から出ていってもらう!」
喜多川氏のこの言葉は、SMAPの“育ての親”として確固たる地位を築いてきた飯島マネージャーのプライドを深く傷つけ、後のクーデターの火種となった――。

本当に解散という事態は避けられなかったのか?
あるメンバーが漏らした「僕たちは15年前に壊れていた」という発言の真意は?
メリー氏の爆弾発言から解散発表までの六〇〇日間、総力を挙げて取材を続けてきた小誌が持つ全情報を、いま改めてここに公開する。

※本文中に登場する人物の年齢・肩書き等は初出時のものです。
※本文中に人物写真は収録されておりません。

目次
1. ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間
  (二〇一五年一月二十九日号掲載)
2. SMAP裏切りと屈伏 ジャニーズ首脳実名告白
  (二〇一六年一月二十八日号掲載)
3. SMAP“9月危機”メリー副社長vs.中居正広
  (二〇一六年五月五・十二日号掲載)
4. SMAP解散 禁断全内幕「僕たちは15年前に壊れていた」
  (二〇一六年八月二十五日号掲載)
5. SMAPを潰したメリー副社長と工藤静香
  (二〇一六年九月一日号掲載)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く