作品紹介

2016年5月、『光ラズノナヨ竹』で作家デビューした壇蜜が送る短編、第2弾を電子書籍だけで発売!

僕の「想像を超えた運命」に影響した女性は二人いる。
一人は、僕が子どものころ、「兄弟は仲良く」と諭してくれた整体師の中国人女性。
そしてもう一人は高校三年生のときの同級生で、大人っぽくて端正な顔立ちのユエ。

エンジニアとして働いていたのに、いつの間にやら風俗店を運営することになった男は、いまも彼女を忘れることはなかった。おとぎ話「お菓子の家」をモチーフにした、甘くて、少し苦い青春の物語。

第1作『光ラズノナヨ竹』との意外な接点も楽しめます。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document