単行本
単行本

フルハウス

柳美里

  • 定価:本体1,165円+税
  • 発売日:1996年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

本物になりたいけどなれないニセモノ家族の奮闘を描く表題作と、不倫の顛末をコミカルに描く、「もやし」。芥川賞候補作の力作二篇

担当編集者より
先回、先々回とたてつづけに芥川賞にノミネートされた柳さん。在日二世ゆえに過酷なイジメに遇い、自殺未遂を繰り返し、高校一年で放校処分、その後、劇団を作って二十四歳で史上最年少の岸田國士戯曲賞受賞……という履歴。類稀な資質を持った二十八歳、パワフルな新人女流の第一小説集です。芥川賞候補作二本。いずれも空中分解寸前の家族・夫婦の生態を、ユーモラスに描いた力作。純文学最前線の力量、楽しさを存分にご堪能ください。(M)
商品情報
書名(カナ) フルハウス
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年06月25日
ISBN 978-4-16-316310-9
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く