単行本
単行本

空中庭園

角田光代

  • 定価:本体1,600円+税
  • 発売日:2002年11月28日
  • 第3回(2003年)婦人公論文芸賞

作品紹介

家庭。帰る場所……。逃げてえ、でも、どこへ?

郊外のダンチで暮らす京橋家のモットーは「何ごともつつみかくさず」。でも、本当はみんなが秘密を持っていて……。連作家族小説

担当編集者より
あたしはラブホテルで仕込まれた子どもであるらしい。その名も「ホテル野猿」。「何ごともつつみかくさず」というモットーのもとに、ママが教えてくれた。あたしはどうしてもそこを見てみたくなって、森崎くんを誘ったのだけれど……。郊外のダンチで暮らす京橋家。でも、本当はみんなが秘密を持っている。目に見えないドアの内側から、「家族」を演じている。一番親しいはずの人達になじめない方、嫌いだと思ってしまう方へ。どうかこの本を最後まで読んでみてください。(TM)
商品情報
書名(カナ) クウチュウテイエン
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2002年11月30日
ISBN 978-4-16-321450-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く