単行本
単行本

小袖日記

柴田よしき

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:2007年04月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

平安の世も、現代も、女は哀しくて強い――

不倫破れて自暴自棄になっていたあたしは、平安時代にタイムスリップし、『源氏物語』を執筆中の香子さまの片腕として働くことに――

担当編集者より
上司との不倫に破れて自暴自棄になっていた29歳のあたしは、なぜか平安時代の17歳の女官・小袖の身体にタイムスリップしてしまった。中宮彰子の教育係である香子さまの元で働くことになったが、なんとこの香子さまは現在、あの「源氏物語」を執筆中、ということは「紫式部」であるらしい……。香子さまの片腕となって取材するあたしは、物語化された女たちや事件の意外な真相に触れることになる……。ミステリー、サスペンス、伝奇小説、と幅広いジャンルで活躍する著者の新境地。平安の世も、現代も、恋に翻弄される女は哀しくて、強いのです。(HT)
商品情報
書名(カナ) コソデニッキ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2007年04月25日
ISBN 978-4-16-325890-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く