単行本
単行本

人生の最終章をあったかい空間で家庭のような病院を

佐藤伸彦

  • 定価:本体1,400円+税
  • 発売日:2008年04月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

患者も家族も喜ぶ理想の終末期医療を目指す医師がいる!

患者との会話を記録し、葬儀の時に、アルバムとともに遺族に贈呈する病院がある。医師が葬儀に出席する理想の終末期病院の物語

担当編集者より
富山県砺波(となみ)市に全く新しい高齢者医療施設が誕生します。その名はナラティブホーム。在宅でも、病院でもない。家族とゆっくり死を迎えるために作られる第三の施設です。推進者は、著者・佐藤伸彦医師。病院の四人部屋の片隅で臨終を報告するのは耐えられない。葬儀に出て、治療の報告を遺族にしよう。認知症の老人のカルテには患者のつぶやきを記録し、病室での写真とともにアルバムにして遺族に贈ろう。病院での衣服も普段着で。死に化粧も家族で……。こんな病院で死を迎えたいですね。(SK)
商品情報
書名(カナ) ジンセイノサイシュウショウヲアッタカイクウカンデ カテイノヨウナビョウインヲ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2008年04月10日
ISBN 978-4-16-370120-2
Cコード 0095

著者

佐藤 伸彦

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く