作品紹介

東京大空襲が生んだそのシンクタンクが現代史を動かした

ゲーム理論、相互確証破壊、インターネット、市場原理主義、ネオコン、イラク戦争……現代史を彩る理論と人間は、ここからやってきた

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
日本空爆戦略を指揮した男たちが作り上げた軍事シンクタンク——ランド研究所。それはその後、様々な分野でアメリカをリードし続けてきました。軍事ではICBM、「核抑止力」理論、フェイル・セイフ思想等々。経済の面では合理的選択理論やゲーム理論等々。ケネス・アロー、ポール・サミュエルソンといったノーベル賞経済学者たち、政治の分野でも、ドナルド・ラムズフェルドやコンドリーザ・ライスなどランドには多くの人材が在籍していました。ランドに、アメリカと現代史の本当の答えがある——その全貌をはじめて明らかにします。(TT)
商品情報
書名(カナ) ランドセカイヲシハイシタケンキュウジョ
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年10月30日
ISBN 978-4-16-370630-6
Cコード 0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く