単行本
単行本

ロスジェネ社員のいじめられ日記

山下和馬

  • 定価:本体1,200円+税
  • 発売日:2014年03月28日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

就職氷河期にもめげず、某大手金融機関へ入社するも
そこは、理不尽とパワハラあふれる愉快な職場だった!
ときに涙目になりながら、ノルマ地獄&暗愚上司と戦うが――。

リアル「半沢直樹」ワールドに放り込まれた
若造社員の命運や、いかに?

30代の元大手金融マンが、自らの体験を綴った
話題沸騰ブログ「日系パワハラ」待望の書籍化!


(目次)より

1章 戦慄の新人研修篇
入社するなり「公開叱責」を目撃。「データ捏造」を強要される。

2章 無限責苦の飲み会篇
強制参加。上司に焼酎の水割りを作るのが掟。

3章 ノルマ地獄の営業部篇
パワハラ大本営における暗愚上司との戦い。


4章 起死回生の転職篇
「ひどい会社にお勤めですね」と転職エージェントに同情される

エピローグ
「転職先で起きた有給休暇取得という奇跡」

著者プロフィール
元某大手金融会社サラリーマン。
30代。就職氷河期にもめげず、大志を抱き新卒入社するが
そこはパワハラあふれる愉快な職場だった。
繰り返されるジェノサイド、社内裏切りの連続
顧客全力軽視のなか10年近くを過ごし廃人寸前となる。
起死回生ブログ「日系パワハラ」nikkeiph.comで人気沸騰。
累計270万pvを記録。ツイッター@nikkeiph

担当編集者より
半沢直樹の修業時代はこんな感じ!? 希望を胸に大手金融機関に入社するも、そこは「公開叱責」「データ捏造強要」「ノルマ地獄」「ジェノサイド上司」が日常の愉しい職場だった。無力な若造社員は生き残れるのか?人気ブログ「日系パワハラ」書籍化。(RK)
商品情報
書名(カナ) ロスジェネシャインノイジメラレニッキ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2014年03月30日
ISBN 978-4-16-390032-2
Cコード 0095

著者

山下 和馬

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く