作品紹介

大人気のネコフォトブック『吾輩は看板猫である』、第2弾の『吾輩は看板猫である 東京下町篇』の著者、梅津有希子さんが、看板猫を探して、商店街を巡ります。
看板猫はどこにでもいそうに思えますが、実はいまや希少な存在。シャッター商店街が増え、かろうじて活気を保っている商店街でもテナントショップへと商売替えをする店が続出し、“店に住む”ことができなくなりつつあるからです。昔ながらの風情を残す自営の店か、オーナーがよっぽどの猫好きか。
そんな希少な猫を求めて訪ねたのは、阿佐ケ谷、幡ヶ谷、永福町、桜新町に豪徳寺、猫のメッカである谷中・根津、問屋が連なる蔵前や代田橋にある沖縄タウン、恵比寿、新大久保などの商業地、さらには築地に横浜中華街まで、実にさまざま。「看板猫がいるらしい」との情報を頼りに初めて降り立った地も多くあります。
猫待ちをしながら街をぶらぶらし、おいしそうなお惣菜があれば買い求め、初めての道を右に左に覗きつつ進む。
知らない街を訪れるのは意外な面白さに満ちていて、そのうえ猫を愛でて心もほっこり。初めての味との出会いというおまけ付き。
晩ごはんのおかずを買って帰るもよし、散策しながら揚げたてのコロッケをほおばるもよし。気がつけば、足取りも軽く、自然と笑顔になっているはず。
猫好きが思わず駆けつけたくなる猫カットを中心に、街歩きへと誘います。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
300匹以上の看板ネコを見出してきた梅津有希子さんですが、年々看板ネコ探しは困難になっていると困り顔。というのもシャッター商店街化、テナントショップ化が進み、“店に住む”という環境が失われつつあるからです。しかし、ネコが気ままに出入りする店に漂う温かい空気や懐かしい風情、ネコの愛くるしい姿、しぐさは、ネコ探しの疲れも苦労も帳消しにするほどに心地よく、ますますネコセンサーに磨きがかかってしまうとか。2年かけて探し訪ねた30匹のネコの表情といったら! 笑って脱力、癒し度満点!!(KA)
目次
阿佐ケ 八百屋のレタス店長
下高井戸 美容室のすーさん店長/美容室のチビ店長
桜新町 和喫茶のみなみ店長
元町・横浜中華街 雑貨屋のリリー店長とピノとSAVA/花屋のくるみ店長
●リリー店長とSAVAの横浜中華街案内
平沼橋 たばこ屋のカゲトラとシロ店長/クリーニング屋のマキ店長とジュン
新大久保 食料品店のミー店長
蔵前 おもちゃ問屋のクー店長
新小岩 八百屋のミー店長
西小山 お茶屋のタロー店長とジロー
浜田山 坂田のジロー店長/青果店のベッカム店長
代田橋 食料品店の小太郎店長ときゅうりとしっぽとさくら/お茶屋のチャコ店長
●小太郎店長とチャコ店長たちの沖縄タウン案内 78
幡ヶ谷 八百屋のクロ店長
恵比寿 居酒屋のチビ太店長とみかん
築地 中華料理店のパン子店長/珍味屋のクー店長
●パン子店長とクー店長の築地場外市場案内
ネコの名所巡り1 谷中・根津
ネコの名所巡り2 豪徳寺

制作顛末記
商品情報
書名(カナ) マイドアリ マタキテニャ ショウテンガイノネコテンチョウ
ページ数 96ページ
判型・造本・装丁 A5判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2014年11月15日
ISBN 978-4-16-390140-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document