新書
新書

遺伝子組換え食品

川口啓明 菊地昌子

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2001年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

論議をよんでいる新技術を、食品が体にとり込まれる仕組み、組換え技法の実際、環境や生命との関わり等、基礎の基礎から徹底解説

担当編集者より
テレビや新聞が遺伝子組換え食品について不正確で不十分な情報を流し続けているために、一般消費者の間に「怖い」とか「不気味だ」とかいったイメージ先行の誤解が広がっているようです。それらの誤解は、最終的には消費者自身に不利益をもたらしかねません。科学ジャーナリストの著者らは、本書で、そもそも「食品が栄養になる」とはどういうことか、遺伝子を食べたらどうなるのか、といった基礎の基礎から話を始め、多くの人々がもつ「不安視」のどこが誤解なのかを明らかにします。(SH)
商品情報
書名(カナ) イデンシクミカエショクヒン
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2001年05月20日
ISBN 978-4-16-660170-7
Cコード C0247

著者

川口 啓明

菊地 昌子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く