新書
新書

文春新書

女子ソフトはなぜ金メダルが獲れたのか宇津木魂

宇津木妙子

  • 定価:本体740円+税
  • 発売日:2008年10月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

2000本ノックと交換日記、ここまでやってアメリカに勝った

北京五輪で金メダルを獲得した女子ソフトボール。アテネ五輪まで日本代表チームを率いた「育ての親」が、世界一の選手育成法を語る

担当編集者より
北京五輪で鮮やかな勝利を収めた女子ソフトボールチーム。2日で413球を投げた上野投手の熱投と、エースを全力で支えた選手たちのチームワークが印象に残る。TV中継で試合を解説した著者は、シドニー五輪、アテネ五輪で監督を務めた「女子ソフトの育ての親」。上野投手の所属チーム総監督でもある。みずから行う地獄の3時間ノックと、選手たちへの細心な心配りで知られ、その影響力は今も衰えていない。「ソフトにエリートはいらない」と言い切り、常に金メダルを目標に掲げるのが「宇津木スタイル」。“男前な女”の育て方を全5章で公開する。(AI)
商品情報
書名(カナ) ジョシソフトハナゼキンメダルガトレタノカ ウツギダマシイ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年10月20日
ISBN 978-4-16-660666-5
Cコード 0295

著者

宇津木 妙子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く