作品紹介

坐ることに疲れたすべての現代人に

「坐れる子」は勉強ができ、「坐れる人」は仕事ができる。イス選びの要諦を説きつつ、日本で培われてきた坐法の現代的応用術を示す

担当編集者より
齋藤孝さんの実家は家具メーカー。実家の1、2階のショールームには多くのイスが置かれ、イスに高い関心を寄せ続けてきました。しかし、ほとんどの人はイスに無頓着です。ましてや「坐り方」については、あまり意識が払われていません。イスに坐っていられない子どもは勉強ができず、大人はデスクワークで肩こり、腰痛に悩んでいます。偉大な仕事は「よいイス」と「よい坐り方」から生まれます。どんなイスを選び、どのように坐るべきかを、東洋で培われた坐法、呼吸法を現代に応用する形で、具体的に伝授します。(FH)
商品情報
書名(カナ) スワルチカラ
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2009年01月20日
ISBN 978-4-16-660681-8
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く