作品紹介

武勇伝に隠された天才ゆえの孤独

破天荒な伝説で語り継がれる天才の素顔は誰よりも繊細でナイーブだった。貴重な資料で、芸術の神に挑んで散った生涯を炙り出す

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
勝新太郎といえば、「座頭市」そして豪快な勝新伝説の数々を連想される方が多いでしょう。映画監督・製作者としての勝新太郎を、彼を支えたスタッフへの丹念な取材を通して描いたこの本を読まれる方は、世間で喧伝(けんでん)されている姿とはかけ離れた繊細すぎる実像に驚かれると思います。著者は弱冠32歳ですが、時代劇への深い造詣と取材量、熱い想いは他者の追随を許しません。勝を近くで見てきた人たちの証言は生々しく、凄まじく、黒澤明監督との決裂の真相など、純粋さが加速させる狂気と悲劇にただ圧倒されます。全身芸術家として生きた天才の内面に肉薄した1冊です。(IT)
商品情報
書名(カナ) テンサイカツシンタロウ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2010年01月20日
ISBN 978-4-16-660735-8
Cコード 0274

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く