作品紹介

日本の「強さ」を自覚せよ──。
この国を覆い尽くす感情的な悲観論にNOを!

ニュースは今日も暗い未来への予測を報道している。
しかし、それらは本当なのだろうか?
私たちは自分たちの姿を正しく見ているのだろうか?
欧州の世界的科学者は取材時にこう口にした。
「私が見るところ日本には何の問題もない。高齢化? 人口減? それが日本人と日本の社会にとって解決不能な困難だとはまったく思えない」

ネットで大反響を巻き起こした「日本は世界一豊か」という国連調査について福島清彦氏が分析。
「ニュー・ノーマル経済の覇者は日本だ!」中野剛志
「21世紀の坂の上の雲」 橘玲
「日本人が日本を捨てるとき」磯田道史
「中国・韓国に勝つ秘策」原田曜平
「世界一の国産ロボットはなぜグーグルに買われたのか」加藤崇
「東南アジアに『ガラパゴス化』を売り込め」大泉啓一郎
「地方版『所得倍増計画』を実施せよ」冨山和彦
「一匹狼型中村修二型か、チームカミオカンデ型か」立花隆

牧野知弘、馬場錬成、河合幹雄、浅川芳裕、井出英策、黒田祥子、山本勲……
各界の知がここに集結。
最強の布陣で刺激的な「新常識」を提示する。

アメリカのリーダーシップが揺らぎ、中国の経済成長にも翳りが見える今、超大国も不安定化の危機を常に内包している。今こそ日本社会の安定性と外からのインパクトを素早く取り込む吸収力を自覚し、その底力をフルに生かすときである。

文藝春秋SPECIAL2015冬号をコンパクトにお求めやすく加筆・再構成した新書の登場です。

担当編集者より
「文藝春秋SPECIAL2015冬号」が刊行されるや、その中のある調査報告がネットで大反響を巻き起こしました。その調査とは、国連が詳細なデータで分析した「日本は世界一豊か」という報告。世の中、右を向いても左を向いても悲観論ばかりですが、本当にそうなのでしょうか? 今こそ日本の「強さ」を自覚し、その底力をフルに活用すべき時です。各界の知が集結した当該ムックに加筆・再構成し、お求め安く新書版にした一冊です。
商品情報
書名(カナ) ニジュウイッセイキノニホンサイキョウロン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2015年04月20日
ISBN 978-4-16-661023-5
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く