作品紹介

2000年以降、「平和的台頭」(中国1.0)路線を採ってきた中国は、2009年頃、「対外強硬」(中国2.0)にシフトし、2014年秋以降、「選択的攻撃」(中国3.0)に転換した。来たる「中国4.0」は? 危険な隣国の未来を世界最強の戦略家が予言する!

戦略家ルトワックのセオリー
・大国は小国に勝てない
・中国は戦略が下手である
・中国は外国を理解できない
・「米中G2論」は中国の妄想
・習近平は正しい情報を手にしていない
・習近平暗殺の可能性
・日本は中国軍の尖閣占拠に備えるべし

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
中国の対外政策をテーマにした本書は、机上の空論とは違った迫力があります。イギリス軍に従軍し、イスラエル軍、アメリカ軍の軍属アドバイザーとして数多くの“現場”を経験している、いわば“本物”の戦略家による分析だからです。主張はかなり明快です。複雑な現実から本質を見抜き、簡潔に提示してくれます。本書を読めば誰でも中国の状況が手に取るように理解できます。それだけに「中国軍による尖閣占拠は充分あり得ることで日本の関係部局は具体策を事前に用意すべし」という進言には重みがあります。
商品情報
書名(カナ) チャイナヨンテンゼロ ボウハツスルチュウカテイコク
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2016年03月20日
ISBN 978-4-16-661063-1
Cコード 0298

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く