作品紹介

独裁の陰に女あり
美女・悪女・猛女・烈女が謎多き独裁体制を動かしていた

水爆実験やミサイル発射で国際社会を威嚇する一方、残虐な手法で最高幹部を次々に粛清する金正恩。
金王朝の内幕には謎が多いが、ひとつだけ確実なことがある。
それは、「北朝鮮の権力中枢では、女性たちが大きな役割を果たしてきた」という歴史だ。「国母」とされる金正淑(金正日の母)、成蕙琳と高英姫(金正日の妻)、金敬姫(金正日の妹)……彼女たちが大きな権限を握り、金王朝の中で決定的な役割を果たしてきた。
現在、ミサイル発射の権限を持つ「7人組」のうち3人が女性である(姉・金雪松、妹・金与正、叔母・金敬姫)という事実をみても、それは明白だ。

逆にいえば、金正恩を取り巻く女性たちの暮らしぶり、生き様、権力闘争を研究することによって、金王朝の謎が見えてくる。
権力者として台頭する異母姉妹・金雪松と金与正、第一夫人の李雪主、金正男の母・成蕙琳、金正恩の母・高英姫、急速に力を失いつつある金敬姫……。
嫉妬、マザコン、不倫、隠し子、淫乱、正妻と妾……韓流ドラマより刺激的な実話を堪能あれ!

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
水爆実験やミサイル発射で国際社会を威嚇する一方、残虐な手法で最高幹部を次々に粛清する金正恩。
金王朝の内幕には謎が多いが、ひとつだけ確実なことがある。
それは、「北朝鮮の権力中枢では、女性たちが大きな役割を果たしてきた」という歴史だ。「国母」とされる金正淑(金正日の母)、成蕙琳と高英姫(金正日の妻)、金敬姫(金正日の妹)……彼女たちが大きな権限を握り、金王朝の中で決定的な役割を果たしてきた。
現在、ミサイル発射の権限を持つ「7人組」のうち3人が女性である(姉・金雪松、妹・金与正、叔母・金敬姫)という事実をみても、それは明白だ。
逆にいえば、金正恩を取り巻く女性たちの暮らしぶり、生き様、権力闘争を研究することによって、金王朝の謎が見えてくる。
権力者として台頭する異母姉妹・金雪松と金与正、第一夫人の李雪主、金正男の母・成蕙琳、金正恩の母・高英姫、急速に力を失いつつある金敬姫……。
嫉妬、マザコン、不倫、隠し子、淫乱、正妻と妾……韓流ドラマより刺激的な実話を堪能あれ!
商品情報
書名(カナ) オンナガウゴカスキタチョウセン キンオウチョウサンダイオオオクヒロク
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2016年04月20日
ISBN 978-4-16-661076-1
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く