文春文庫

人生なんてわからぬことだらけで死んでしまう、それでいい。悩むが花

伊集院 静

  • 定価:本体540円+税
  • 発売日:2017年04月07日
  • ジャンル:随筆・コミックエッセイ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

伊集院静の人生講義!

問 自分の将来が不安で一杯です。(26歳・男)
答 まさか人生や仕事が、面白くて楽しいものと思ってるんじゃなかろうな。
ちまちま言ってないで街に出ろ。

「週刊文春」好評連載、「悩むが花」第二弾が文庫化!
読者からの名問、珍問に時に親身に、ときに厳しく答える伊集院氏の魂から発せられる言葉の数々を、お楽しみください。膝を打ったり頭を垂れたりしながら読み進み、人生そんなに悪くない、と思える一冊。

・人が人を救うなんてことは私はできないと思っている
・まずは〝孤〟が肝心 独りでやることを身につけろ
・すぐ役に立つものは、すぐ役に立たなくなる
・苦言だけが、その人の身体、こころに伝わり、長く身につく (目次より)

新年度です。新生活の様々な悩みに、また新年度を機にご自分の人生を改めて見つめ直そうという方にぜひ。

商品情報
書名(カナ) ジンセイナンテワカラヌコトダラケデシンデシマウ ソレデイイ ナヤムガハナ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2017年04月10日
ISBN 978-4-16-790839-3
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く