作品紹介

「文藝春秋」を飾った画期的論考が一冊に

俗論に流されず、貫き通した持論とは。小泉信三、田中美知太郎から石原慎太郎まで、碩学十三人が一石を投じた「常識」の集大成!

●小泉信三「平和論」〔昭和27年1月号〕
●林健太郎「マルクス主義との格闘」〔昭和34年6月号〕
●小林秀雄「歴史と人生」(「プルターク英雄伝」〔昭和35年11月号〕
●竹山道雄「なぜ目を閉じ耳を塞ぐのか」〔昭和36年12月号〕
●大宅壮一「マイホーム国家の没落」〔昭和44年9月号〕
●福田恒存「日米安保は幻想である」〔昭和48年12月号〕
●山本七平「領土の研究」〔昭和52年6月号〕
●田中美知太郎「常識の立場」〔昭和57年2月号〕
●塩野七生「浩宮へ・一先輩より」〔昭和58年年1月号〕
●江藤淳「生者の視線と死者の視線――靖国問題を検証する」〔「諸君!」昭和61年4月号〕
●佐伯啓思「誰がための『構造改革』か」〔「諸君!」2002年3月号〕
●福田和也「帝王学と国民道徳」〔「諸君!」2004年7月号〕
●石原慎太郎「若者がこの国を愛するために」〔2006年7月号〕

担当編集者より
時流におもねることなく、かつ時節に正面から向かい合う――月刊「文藝春秋」「諸君!」を舞台に、数々の卓見が生まれました。本書はその集大成です。執筆者は小泉信三、林健太郎、小林秀雄、竹山道雄、大宅壮一、福田恆存、山本七平、田中美知太郎、塩野七生、江藤淳、佐伯啓思、福田和也、石原慎太郎の十三氏。マルクス市議の台頭や日米安保、構造改革、そして皇室のあり方――戦後の国論を二分したホットな論点に、各氏はどう対峙したのか。現代日本を考えるヒントに満ちあふれた一冊です。
目次
●小泉信三「平和論」〔昭和27年1月号〕
●林健太郎「マルクス主義との格闘」〔昭和34年6月号〕
●小林秀雄「歴史と人生」(「プルターク英雄伝」〔昭和35年11月号〕
●竹山道雄「なぜ目を閉じ耳を塞ぐのか」〔昭和36年12月号〕
●大宅壮一「マイホーム国家の没落」〔昭和44年9月号〕
●福田恒存「日米安保は幻想である」〔昭和48年12月号〕
●山本七平「領土の研究」〔昭和52年6月号〕
●田中美知太郎「常識の立場」〔昭和57年2月号〕
●塩野七生「浩宮へ・一先輩より」〔昭和58年年1月号〕
●江藤淳「生者の視線と死者の視線――靖国問題を検証する」〔「諸君!」昭和61年4月号〕
●佐伯啓思「誰がための『構造改革』か」〔「諸君!」2002年3月号〕
●福田和也「帝王学と国民道徳」〔「諸君!」2004年7月号〕
●石原慎太郎「若者がこの国を愛するために」〔2006年7月号〕
商品情報
書名(カナ) ジョウシキノタチバ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2014年10月20日
ISBN 978-4-16-813027-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く