作品紹介

没後百年、文豪・漱石が遺した「もう一つの世界」

「幼少期は英語より漢学が好きだった」と語る漱石。未だ色あせないその漢詩の世界の魅力を、杜甫や王維と比較しながら縦横に論ずる。かの吉川幸次郎氏に先駆けた漱石研究の金字塔!(解説・齋藤希史)
【目次】
Ⅰ部
漱石漢詩の展開
少年時代と漢文学/第一期――洋行以前/第二期――修善寺大患時代/第三期――南画趣味時代/第四期――『明暗』時代
漱石漢詩と則天去私
漱石漢詩の「美人」――嫂との不倫説に関連して
漱石漢詩注釈上の疑義
Ⅱ部
漱石と良寛
漱石と陶淵明
漱石と王維
漱石と杜甫
漱石と寒山
漱石と高青邱

商品情報
書名(カナ) ソウセキノカンシ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2016年08月20日
ISBN 978-4-16-813067-0
Cコード 0195

著者

和田 利男

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く