2014.04.28 インタビュー・対談

文春文庫40周年記念特別コラム
立花 隆 日本人全員が一度は読んでおくべき本

『昭和天皇独白録』 (寺崎英成 マリコ・テラサキ・ミラー 編著) ほか

文春文庫40周年記念特別コラム<br />立花 隆 日本人全員が一度は読んでおくべき本

 昨年、重くて読みにくいと造本が不評だった拙著『天皇と東大――大日本帝国の生と死(上下)』が、文春文庫に入り、4冊本として刊行された。それに合わせて慶應大学の丸の内シティキャンパスで、「『天皇と東大』を軸に日本の近現代史を読み解く」という講座を開講して、3ヶ月かけて4冊本を読みあげた。といって、本に書いてあることを祖述するような授業を行ったということではない。逆に、本に書いてあることは、事前に各自読んでおくことを当然の前提として、授業ではもっと大きな視点から時代背景をながめ直したり、全くちがう角度から同じ時代をながめたらどう見えるかといったことを史料中心で語ることにつとめた。つい最近その授業を終えたところだが、ふり返ってみると、文春文庫を相当に利用することになった。

 授業の眼目は、あの戦争の時代をもう一度ながめ直し、考え直すことにあったが、そういう視点からの近現代史ものは、雑誌「文藝春秋」が最も得意とするジャンルだから、それも当然といえる。『天皇と東大』は、「大日本帝国」が生まれてから死ぬまでを描いた大河ドラマみたいな本だから、その最終幕は、昭和天皇の現人神時代の終りとそっくり重なる。だから寺崎英成、マリコ・テラサキ・ミラー編著『昭和天皇独白録』は最良の資料となる。天皇が長時間にわたって肉声であの時代と自分とのかかわりを語ったものは他にない。開戦時と終戦時の天皇の心境と立憲君主制下の天皇の行動の限界に対する認識など、当事者ならではの証言の重みがある。授業ではほんとうに天皇はあれしかできなかったのか、など多くの(学生側からの)議論がわいたが、それもあの独白録の心情告白があればこそである。

 あの戦争がらみで、資料として用いて、学生たちに少なからぬショックを与えたものに、ドナルド・キーン『日本人の戦争』がある。これは永井荷風、伊藤整、高見順、山田風太郎など、多くの有名作家たちの日記から戦争中に彼らが何を考え、何を感じていたかを抜き出した本だ。これを読むと、驚くほど多くの日本人が、心情的にあの戦争に強くコミットしていたことがわかる。詩人・彫刻家の高村光太郎はこう書いた。「記憶せよ、十二月八日。/この日世界の歴史あらたまる。アングロ・サクソンの主権、/この日東亜の陸と海とに否定さる」。英米文学者の伊藤整は12月8日、戦争の開始とともに新聞の見出しを見て、「全身が硬直し、眼が躍ってよく読めない」という状態におちいった。「大和民族が、地球の上では、もっともすぐれた民族であることを、自ら心底から確信するためには、いつか戦わなければならない戦いであった」と書いた。左翼文芸評論家の青野季吉ですら、「英米との開戦を知って、いよいよ自分にとって来るべきものが来た、天皇陛下の臣下として一死報国の時が来たのだ、と書いた」。戦局がさらに進んで、東京が大空襲を受けた昭和19年3月10日、山田風太郎はこう書いた。「昨晩目黒で、この下町の炎の上を悠々と旋回しては、雨のように焼夷弾を撒いているB29の姿を自分は見ていた。おそらくきゃつらは、この下界に住んでいる者を人間仲間とは認めない、小さな黄色い猿の群とでも考えているのであろう。勿論、戦争である。敵の無差別爆撃を、天人ともに許さざるとか何とか、野暮な恨みはのべはしない。(略)さらばわれわれもまたアメリカ人を幾十万人殺戮しようと、もとより当然以上である。いや、殺さねばならない。一人でも多く。(略)きゃつらを一人でも多く殺す研究をしよう」

天皇と東大 Ⅰ
立花 隆・著

定価:714円+税 発売日:2012年12月04日

詳しい内容はこちら

昭和天皇独白録
寺崎英成 M・テラサキ・ミラー・編

定価:500円+税 発売日:1997年07月11日

詳しい内容はこちら

日本人の戦争
ドナルド・キーン・著 角地幸男・訳

定価:600円+税 発売日:2011年12月06日

詳しい内容はこちら

日本のいちばん長い日 決定版
半藤一利・著

定価:600円+税 発売日:2006年07月07日

詳しい内容はこちら

CIA秘録 上
ティム・ワイナー・著 藤田博司 山田侑平 佐藤信行・訳

定価:1,048円+税 発売日:2011年08月04日

詳しい内容はこちら

徴税権力
落合博実・著

定価:524円+税 発売日:2009年04月10日

詳しい内容はこちら