インタビュー・対談

イタリアの男と日本の男、ここが違う!?

『イタリア的恋愛のススメ シモネッタのデカメロン』 (田丸公美子 著)

聞き手: 「本の話」編集部

米原 『シモネッタのデカメロン』すっごく面白かったけど勿体ないよ。四冊分ぐらいのネタをギューッと詰め込んでるんだもん。もっと稀釈して嘘も入れたらいいのに……読者はお得だけど。

田丸 万里の新刊『パンツの面目ふんどしの沽券』は民族学的、人類学的で、私みたいなお手軽なエッセイと違って文献もすごい。私は中身に、あなたは容器にしか興味がないから、パンツ。

米原 ハハハ。二人ともシモネッタだけど分業してるのね。私はスカトロ系で、田丸はエロス系だから競合しないんだ。

田丸 ただ万里はスカトロ学術系ね。私、学術のガの字も全然ないから。

米原 学術系じゃなくて、経験不足を文献で補ってるの。田丸だって、自分のエロス体験不足を棚に上げて他人の話ばかりじゃないの。若き日の自分を語るところは清く貧しく美しくを地で行ってて微笑ましい。

田丸公美子(たまるくみこ)
イタリア語会議通訳、翻訳業。広島県生まれ。東京外国語大学イタリア語科卒。著書に「パーネ・アモーレ イタリア語通訳奮闘記」、訳書にレンゾ・ピアノ「航海日誌」(共訳)がある。

田丸 実は書けなかったけど、私の上を通りすぎていった男が大勢いて……(笑)。

米原 いや、絶対にない。私より少ない。

田丸 万里とはシモネタ小話で盛り上がっても、お互い自分の体験談は一切しないものね。秘すれば花。『デカメロン』の境地には到達できない。

米原 でも何でこんなにたくさん色々なネタが集まったの? まさか毎回お客に性生活についてインタビューしてたの?

田丸 向こうから話すの。学生時代から聞かされてる。

米原 ふつう外国人の異性にここまで話すか? 塩野七生さんとか須賀敦子さんにイタリア男がそんな話している図は浮かばないよ。私の妹も三年ほどイタリアで料理修行をしてたんだけど、妹から聞くイタリア人観と、田丸の本から浮かび上がるそれとはかなりずれるんだよね。

田丸 やっぱり私のフェロモンのせいね。

米原万里(よねはらまり)
元ロシア語会議通訳、作家。東京都生まれ。東京外国語大学ロシア語科卒、東京大学大学院露語露文学修士課程修了。著書「不実な美女か貞淑な醜女か」で読売文学賞、「魔女の1ダース」で講談社エッセイ賞、「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」で大宅賞、「オリガ・モリソヴナの反語法」でドゥ・マゴ文学賞を受賞。

米原 フェロモンがないからよ、おそらく(笑)。話を聞いてもらう尼さんなのよ。

田丸 寂しい。やる女じゃないの?

米原 やる女にはこんな話はしないよ。

田丸 日常の会話だよ、イタリア人にとっては。万里は『デカメロン』は読んだ?

米原 家の本棚に文庫があって、中学のころ読んだ。艶笑話ばかりで、最初興味津々だったけど、ウンザリしちゃった。

田丸 健康な性欲の塊の男女たちが、恥じらいもなく、明るく堂々と話すの。私、イタリア語に「厭世的」という言葉はないんじゃないかと思うわ。

米原 ところがね、私の妹は、とにかく女がいたらくどかなくてはいけないというイタリア文化の中に身を置くのは、そういうことを人前で表明するのをはしたないとする日本のような文化に身を置くのと同じくらいに辛いものだと言うの。例えば通りの向こう側をすごい美人が歩いていたとする。日本の男なら、通りを渡って声をかけたいのを自制する。イタリア男は、内心どうでもいいと思っていたとしても、通りを横切って声をかけなくてはならない。

田丸 そうでないと男とみなされないと。

米原 そうそう。いつも女に興味があるふりをし続けてなくてはならないのよ。

【次ページ】

イタリア的恋愛のススメ シモネッタのデカメロン
田丸公美子・著

定価:本体552円+税 発売日:2008年02月08日

詳しい内容はこちら