2015.08.10 インタビュー・対談

どうしても書き残しておきたかった山崎豊子先生との歳月(前編)

聞き手: 「本の話」編集部

『山崎豊子先生の素顔』 (野上孝子 著)

どうしても書き残しておきたかった山崎豊子先生との歳月(前編)

『白い巨塔』『華麗なる一族』『大地の子』『沈まぬ太陽』『運命の人』『約束の海』……
52年間、一心同体となって国民的作家を支えた秘書、野上孝子さん。
三回忌を前に回想録『山崎豊子先生の素顔』を書き上げた。
その刊行直前、戦時中の日記が発見された――

『山崎豊子先生の素顔』 (野上孝子 著)

――先日、山崎豊子先生の昭和20年元日から3月までの日記が見つかったと報道されました。まずは、この発見の経緯とご感想をお聞かせください。

 三回忌を前に、浜寺のご自宅の書斎を整理していたのです。「初期作品」という箱の中に、『ぼんち』『花のれん』などの資料と小さいノートが何冊か、紐でくくって保管してありました。そのうちの1冊が日記だったと、編集者の方が発見されたのです。大阪が燃え盛る中で書かれたノートとは考えにくい。当時のメモを、毎日新聞記者時代に、清書されたものではないかと推測しています。

 拝読して、写真でしか知らなかった若い先生が目の前で動き出したような新鮮さを覚えました。先生から、空襲体験や淡い恋の話はちらほら聞いておりましたが、戦争中もしおらしく頭を垂れず、溌剌と自分らしく生きていた様子がわかり、思わずにやりと笑ってしまいました。

 もう一つは、たった20歳そこそこで、こんな鋭いまなざしを社会に向けておられたことへの驚きです。戦争や、勤めていた新聞社、市井の人々に対する批評眼はさすが山崎豊子。後にあれだけ大きな作品を生み出す作家としての目を、既に持っておられたのですね。

――作家になりたいという強い意志が、早くからあったのですね。

 これだけは、まんまと騙されました(笑)。先生は繰り返し、『私は小説家になるつもりなんか毛頭なかった。同人誌にも入ったことがないし、腕試しをしたこともない。初めて作家になりたいと思ったのは、井上靖さんが新聞社でお仕事の傍ら、こつこつと小説を書いておられた姿に触発されたからだ』とおっしゃっていましたが、将来、作家になろうと女学生のころには心に決めていて、すでに『嬢はん』という習作まで書いておられたんですね。

――戦争体験が山崎文学の根本にある、と言えそうですね。

 私はこれまで、「戦争を描きつづけた作家・山崎豊子」という見方は、一面的ではないか、と考えておりましたが、やはり原点はここだったのですね。焼夷弾の怖さを憎みながら、どこにいても本を片時も手放さずに読んでおられた姿も、先生らしいです。

【次ページ】作家としての評価が不当に低いのではないか

山崎豊子先生の素顔
野上孝子・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2015年08月08日

詳しい内容はこちら

運命の人(一)
山崎豊子・著

定価:本体619円+税 発売日:2010年12月03日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら

運命の人(二)
山崎豊子・著

定価:本体619円+税 発売日:2010年12月03日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら

運命の人(三)
山崎豊子・著

定価:本体638円+税 発売日:2011年01月07日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら

運命の人(四)
山崎豊子・著

定価:本体638円+税 発売日:2011年02月10日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら

大地の子 一
山崎豊子・著

定価:本体600円+税 発売日:1994年01月08日

詳しい内容はこちら

大地の子 二
山崎豊子・著

定価:本体600円+税 発売日:1994年01月08日

詳しい内容はこちら

大地の子 三
山崎豊子・著

定価:本体600円+税 発売日:1994年02月10日

詳しい内容はこちら

大地の子 四
山崎豊子・著

定価:本体600円+税 発売日:1994年02月10日

詳しい内容はこちら


こちらもおすすめ
インタビュー・対談どうしても書き残しておきたかった山崎豊子先生との歳月(後編)(2015.08.11)
特設サイト山崎豊子 『運命の人』(2009.04.25)
特集電子書籍で「戦後」を読む 70年の70冊 沸騰する社会――昭和40年代(2015.07.12)
書店の謎10人の書店員が担当分野から選んだ あなたに読んでもらいたいベスト10冊+α(2014.09.20)
インタビュー・対談池上冬樹×瀧井朝世×村上貴史 「教養主義からエンタメの時代へ(前編)」(2014.04.15)
特設サイト文春文庫40周年記念「ランキングで見る文春文庫の40年」(2014.04.09)
文春写真館山崎豊子は最後まで壮大な作品を 発表し続けた(2013.12.16)