作品紹介

今年も待望の刊行! 各界の俊英が日本の問題点100を論じる。

目次
【2018年の10大テーマ】
北朝鮮の脅威 日本がなすべきは先制攻撃能力の構築だ(エドワード・ルトワック)/米中覇権争い「第二次太平洋戦争」を回避するには(宮家邦彦)ほか
【政治】
「政治家の不倫」問題の本質はどこにある(三浦瑠麗)ほか
【安全保障】
「核武装論」をやめ「非核二原則」を目指せ(小川和久)ほか
【皇室】
新天皇と上皇 近代皇室「代替わり」の宿命(保阪正康)ほか
【中国・北朝鮮】
習近平一強体制危うい「強国」戦略(城山英巳)ほか
【国際情勢】
戦前の日米関係と酷似 米中衝突はあるのか(飯田将史)ほか
【経済】
国家を超える!? 電子貨幣ビットコインの可能性と弱点(橘玲)ほか
【ビジネス】
工場が変わる! AIが拓く新しい産業革命(稲葉善治)ほか
【働き方】
在職中から取り組める「定年後」のための働き方改革(楠木新)ほか
【家族・生活】
超高齢社会「認知症者が主役」の制度に改めよ(外岡潤)ほか
【食】
世界も注目する 知られざる日本の食材(河崎貴一)ほか
【医療・健康】
年に三千五百万円かかる!? 新薬の値段はなぜ高騰するのか(鳥集徹)ほか
【科学・技術】
何が来るか? スマートフォンの「次の時代」(西田宗千佳)ほか
【教育】
「東大合格ランキング」は学力観の遅れの象徴だ(尾木直樹)ほか
【スポーツ】
4回転時代の平昌五輪 王者・羽生結弦は挑戦者として臨む(野口美惠)ほか
【文化・メディア】
天才棋士・藤井聡太四段 最年少タイトル獲得なるか?(北野新太)ほか
【特別付録】
情報の海を泳ぎ抜く勉強論『論点』は「社会人」を知るためのガイドマップだ(千葉雅也)
社会人の教養は人、本、旅(出口治明)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く