作品紹介

店番猫たちの、おもしろ懐かしい光景

東京スカイツリーOPENに沸く下町の商店街で、マイペースに店番をする猫たち。心にじんわりくる猫フォトブック第2弾。MAP付き

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
舞台は東京スカイツリーOPENに沸く、両国・浅草・柴又などの情緒あふれる商店街。のんびりマイペースに店番するおもしろかわいい猫たちを、“犬猫界の秋元康”の異名をとる梅津有希子さんが発掘し、その魅力を引き出します。昨年春に発売された『吾輩は看板猫である』は「昭和の香りがする」「じんわり癒される」と大反響。今度は看板猫散策地図&東京スカイツリーの情報が付いた、もっとディープな第2弾!(RU)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く